タバコを吸う男性はモテないよ 日本人男性の喫煙者が29.4%にまで減少したわけ

タバコ喫煙だめ 現在日本では、年々喫煙者が減少している。

非喫煙者にとって、本当に喜ばしいことだ。

タバコの被害で苦しんでいる非喫煙者、心の中でガッツポーズ決めた!

 

なぜ、今の時代喫煙者が減少しているのか?

禁煙席

厚生労働省はこのほど、「平成29年 国民健康・栄養調査」の結果を発表した。

調査によると、2017年の時点で習慣的に喫煙している人の割合は、前年比0.6ポイント減の17.7%だった。男女別の喫煙率は、男性が29.4%、女性が7.2%で、男性の数値が初めて30%を切った。

習慣的に喫煙している人の割合は、男性では「30~39歳」が39.7%で最多。「40~49歳」(39.6%)、「50~59歳」(33.4%)、「60~69歳」(30.6%)、「20~29歳」(26.6%)、「70歳以上」(16.2%)と続いた。

女性では、「40~49歳」(12.3%)が最多。「50~59歳」(9.8%)、「30~39歳」(8.5%)、「60~69歳」(7.3%)、「20~29歳」(6.3%)、「70歳以上」(2.9%)という結果だった。

喫煙者の中で「たばこをやめたい」と考えている人の割合は、前年比1.2ポイント増の28.9%。男性では26.1%、女性では39.0%が禁煙の意向を持っていた。

男女年代別では、男性では「20~29歳」(30.4%)、「70歳以上」(28.3%)、女性では「70歳以上」(58.1%)、「50~59歳」(47.1%)に、たばこをやめたい人が特に多かった。

たばこを吸っていない人が受動喫煙する機会が多い場所は、「飲食店」が42.4%でトップ。「遊技場」(37.3%)、「路上」(31.7%)、「職場」(30.1%)も多かった。

調査は17年11月に実施。全国の3076世帯に健康状態や習慣を聞いた。

男性の喫煙率、初めて3割切る 20代のたばこ離れも加速 産経新聞記事より引用

タバコを習慣的に吸っている人が存在するなかで、吸わない人の人口が破竹の勢いで増えている。

現在吸っている人でも、なかには、やめたいと考えている人もいるでしょう。

喫煙者のうち、男性は26.1%、女性は39%の人が喫煙をやめたいと思っているそう。

じゃあ、やめればいいじゃん。

言うは易く行うは難し。

中毒性のあるタバコを止めることは、容易ではないのだ。

禁酒しろと言われても無理なのと同じ。

タバコを吸わない私だって理解しています。

 

自分の力でやめられない人は、もうこうなったら禁煙外来がおすすめ。

健康保険が適用されるので、治療負担が軽減されるよ。

お医者さんとタッグを組んで禁煙治療に取り組めば、やめられるのではないでしょうか。

時間がないとか、お金がもったいないとかいってる場合じゃないです。

絶対に止めてよかったって思えるから。

 

タバコ代だって、ばかにならないよ。

今はもう吸うのをやめている私の友人は、チェーンスモーカーだった頃1日3箱以上吸っていて、年間で考えたら中古の軽自動車くらい、毎年買えたかもしれないなんて言ってた。

 

  • タバコを吸う人が減った理由として
  • 受動喫煙対策が進んでいること
  • タバコ代が年々高くなっていること
  • 健康に対する意識が高い人が増える
  • ひと昔前よりもタバコ害に対する認識が深まった

などが喫煙者が減少している要因だと思われる。

 

ここ最近、受動喫煙防止のため、終日タバコを吸えない飲食店も増えている。

美味しい白湯スープのラーメンを提供する、私の行きつけのラーメン店は、11時半から14時半のランチタイムだけ全席禁煙だったので、その時間帯しか行かなかったのだが、つい最近、終日禁煙になっていた。

あー、ここも時代の波に乗ったな。

これから時間帯を選ばず食べに行ける。と嬉しかった。

それでも、お酒を提供する飲食店などは、まだまだ受動喫煙対策なんてやってないところの方が多いね。

以前、完全禁煙の肉バルに行ったとき、隣の席の人がいつタバコを吸うかとびくびくせずに、楽しくお酒を飲めて気分が良かったけど、会計を済ませてお店の外に出たら、そこには喫煙地獄の光景が広がっていたのだ。

お店の入口にある来店喫煙者のために設置してある灰皿に、店内でタバコを吸うことを我慢していた喫煙者が、大勢群がってこぞってタバコを吸っていた。

あれでは、通行人に迷惑がかかってしまう。

お店としては、店内を禁煙にしたことで、お客を減少させないための手段なのでしょう。

もう、あんなモラルのない店には2度と行かないよ。

 

結婚相談所や婚活サイトでは、イケメンでもタバコを吸う男性は人気がない

禁煙

タバコを吸う人は、マッチングする相手がどどーんと減る。

喫煙者は入社できない会社も増えてきている。

つまり、タバコを吸う人は、どこへ行っても肩身の狭い思いをするということ。

これがタバコを吸う人が減っている要因なんでしょう。

結婚相手に選ぶ条件は

  • 健康な人
  • 清潔感がある人
  • 経済的に安定している人

などが一番にあげられる。

ここは絶対に外せない部分だよ。

これらをすべて否定するのがタバコを吸う行為だ。

タバコを吸う人、すなわち

  • 不健康そう
  • 臭くて不潔そう
  • タバコ代にいくら使ってるんだろう、タバコも高いよ

などとマイナスイメージしか持てない。

結婚相談所では、喫煙者に対して禁煙を強くススめるぐらい、相手からの評価がマイナスになるということだ。

デートの時、タバコ吸ってきますなんて席を外されたら興醒めでしょう。

そもそも婚活で喫煙者は避けられる傾向にあるので、会いたいとも思ってもらえないわけだ。

婚活を成功させるには、喫煙とは無縁の関係を気付き上げることが最重要課題。

タバコのせいで一生独身なんて絶対にイヤでしょう。

タバコを吸わない人が受けるタバコの被害

喫煙

●気持ちのいい朝の空気に触れながら歩いていると、前を歩く男性がいきなりタバコを吸い始めた。

当然、煙が後ろを歩く私の全身を包み込む。

あー、もう辛抱できない!

空気がマズい、鼻にツンときた。

腰痛に耐えながら息を止めて走りだして、前を歩く男性を追い越して男性の前を歩く。

男性は、自分が吸うたばこの煙のために、私が走ったとは思っていない様子。

前から歩いてくる男性や、前を歩く男性の手がタバコを持っていないかどうか、必ず見てしまう。

女性も歩きタバコをするけど、男性の方が圧倒的に多いからね。

 

●ベランダで洗濯物を干していると、どこからともなくタバコのくさい臭いが立ち込めてくる

どこかの部屋の誰かが、ベランダでタバコを吸っている。

部屋で吸うことを許されないのか。

それとも、自分の部屋の壁紙がヤニで黄色くなるのがイヤ?

あー、洗濯物がタバコ臭くなるじゃん、大迷惑だわ。

それに、タバコの煙の臭いって、湿った雑巾みたいなくさい臭いがするんですよ、勘弁してほしい。

 

●コンビ二入口に設置されている灰皿でタバコを吸うのをやめてほしい

これも何とかしてくださいよ。

あれって、コンビニに入店する前に、たばこを捨てるためにあるのでは?

コンビニさん、店の前は喫煙場所なの?

店員は注意しないの?

お客さん減るよ。

 

挙げたらきりがない。

すべて書くと、時間がいくらあっても足りない。

とかいいながら、ほかにもあるよ

●妊娠中にタバコを吸うヤツ 鬼畜

●歩きたばこするヤツ 非常識

●歩きながら、または車やバイクからポイ捨てするヤツ  捨てたヤツの顔に火があたればいいのに

●ご飯食べてる人の前で許可なく吸うヤツ モラルが低すぎ

●子どもの前や妊婦の前で吸うヤツ 鬼畜

●寝たばこして火を出すヤツ 世も末 

このように、外でタバコを吸う人は、タバコの煙がどれだけ人を不快にさせているか、迷惑をかけているのか考えていないのだ。

だから所かまわず、平気でタバコを吸うのだ。

それにね、なんで歩きながら吸うかなあ?

落ち着いて座って吸った方がいいんじゃない?

歩きたばこ、ダサい、迷惑だよ。

非喫煙者にとって唯一助かるのは、ここ最近、タバコを吸える公の場所が減ってきたことくらいかな。

 

 

昔はありとあらゆる場所で吸えた、タバコ

man

幼少の頃は、おじいちゃんのお使いで、『いこい』というタバコをよく買いに行かされた。

自販機でなく、80歳の看板娘が仕切っていたタバコ店へ。

今考えるとあの頃、おじいちゃん、父、叔父、叔母、訪問してくる大人とか、かなりの人たちが家の中でたばこを吸っていたなあ。

みんなが一斉に吸うとまるで、煙突の中にいるみたいだった。

 

今の若い人たちには考えられない場所で、昔はタバコを吸っていたのだ。

  • 電車の中。新幹線とかではなく在来線。ほんの数年前まで、設置された灰皿が電車の中に残っていた
  • ホームでも電車を待つ人が、プカプカ吸っていた
  • 病院の待合室
  • 映画館で映画を鑑賞しながら
  • 飛行機の中 一応分煙していたけど、なんの効果もない。窓も開けられないしね。まだ灰皿が残っている飛行機もある。
  • 学校の職員室 生徒の前でたばこを吸う先生も普通にいた
  • ホテルのロビー
  • 路上
  • バスの中
  • 社内のデスクで仕事しながら
  • ボーリング場

当時の記憶をたどってこれだけ思い出したけど、もっとあったと思う。

国内外問わず、昭和、平成初期のドラマや映画でも、タバコを吸うシーンがあたりまえのようにあった。

当時は、タバコを吸う男性はなぜかカッコいいと思われていたので、無理してタバコを吸う練習していたバカな男友達もいた。

クールな大人の女になりたい!と、タバコを燻らす訳のわからないアホ女もいた。

今と違って当時はなぜか、タバコを吸わない人が肩身の狭い思いをしていたんだね。

未だ歩きたばこをするモラルのない人も存在するけど、ちゃんとルールに従って吸っている喫煙者も多いね。

ですが、やはりタバコは百害あって一利なし。

禁煙おすすめしたい。

婚活するなら禁煙しよう。

禁煙しないとマッチングする相手がいなくなるよ、タバコを吸う人お断りの女性の圧倒的な多さったらね。

タバコを止めると、いいことしかないよ。

 

まとめ

年々喫煙者が減少傾向にある日本の喫煙の現状。

婚活にタバコという存在がいかに不利になるかがよくわかる。

婚活の市場はタバコ嫌いな人ばかりだ。

会わなきゃ始まらない婚活で、会うにも至らないのでは婚活を成功をさせる日が果たしてくるのか不安になるね。

いきなり禁煙できない人は、まずは本数を減らすことから始めてみませんか?