結婚したいならタバコぐらい妥協しなさいよって昭和か!私とタバコどっちを取るの?

煙草を吸う男性

昭和の時代は男性がタバコを吸うのは当たり前。

昭和40年代のピーク時には、なんと83%の男性が吸っていたとか。

ほとんどの成人男性がタバコ吸いだったんだね。

 

男性とタバコがセットになっている時代に、

「私、タバコを吸う男性とは結婚しません」

なんて野暮なこと言う女性もいなかったんだろうし

「おうちでは分煙して」

「子どもの前で吸わないで」

なんていう人もいなかったんだろうね。

今ほど、タバコが有害だという認識もあまりなかっただろうし。

 

今度は現在の話。

結婚したい相手が喫煙者である。

「結婚してください」とプロポーズをされたんだけど、彼の喫煙のことで返事を迷っている。

タバコ以外の条件はすべてクリアした、真面目で誠実な男性だから別れたくない。

 

私も、もう35歳だから後がない。

この人を逃したら彼ほどの人に出会える気がしない。

それならタバコぐらい妥協したほうがいいのか?

結論から言うと、結婚相手に喫煙者を選んではいけない。

タバコに妥協はなし。

相手の容姿に妥協できずいつまでも結婚できない30代女性に伝えたいこと
30代女性の婚活はもう後がない。あかちゃんが欲しけりゃなおのこと。結婚相手の容姿にこだわりを持つとなかなか良縁に恵まれないよ。顔じゃなくて相手の中身を見て結婚相手を決める方がイケメン狙いより確実に早く結婚できる。

タバコの存在が死ぬほど許せないなら妥協はしない方がいい

煙草を吸う男性

タバコや酒乱、ギャンブル、浮気に関しては絶対に妥協してはいけない。

愛があればなんとかなるとか、私が彼を変えてみせるとかいう人がいるけど、そんなのちゃんちゃらおかしい、タバコに関してはそんな次元ではないし簡単な問題ではない。

 

なかには、タバコ・酒乱・ギャンブル・浮気の4つがセットになった恐ろしい男もいる。

救いようのない愚かな男だ。

それは、私の父のことだ。

この4つははっきり言って「依存症」なので厄介ね。

どこかで歯止めをかけないと、下手すると家庭崩壊に向かってじわじわと進んでいくことになる。

 

まずギャンブル、浮気、酒乱は他人の体に悪影響を及ぼすことはないけど、タバコは違う、なんといっても怖いのが受動喫煙。

自分は吸わないのに、夫のタバコの煙を吸い続けて、喘息などによる呼吸器障害や心筋梗塞などで体を悪くしたり、肺がんで亡くなった奥さんたちもたくさんいる。

吸ってる本人はピンピンしてるのに、無関係な人間がタバコの煙を吸って死ぬなんて本末転倒、煙を吸わされてる方は地獄だよ。

ここまでくるとまさに殺人煙だな。

 

もちろん、みんながみんな受動喫煙で健康を害するわけではないけど、夫のタバコによる悪影響でいつ自分も健康被害を受けるかわからない危険性は大いにある。

タバコは百害あって一利なし。

 

吸わない人が強制的に死の煙を吸わされる、これほど残酷でホラーなことはない

だから、彼のタバコの煙が辛いから結婚を悩んでいるなら、そこは妥協するポイントではないでしょう。

 

好き好き言ってる時は相手に合わせたり我慢できるんだよ、でもね、愛情が情に変化したときに、どれだけタバコの害に耐えられるかが問題だよ。

愛情が憎しみに代わることだってあるんだよ。

 

タバコに妥協して結婚すると後悔するし幸福感を感じることはない

煙草を吸う男性

相手がタバコを吸うことだけがネックになっている、それ以外の条件は申し分ない。

それなら自分が我慢すればいいと思って結婚しても、あなたが心底タバコを嫌ってるなら絶対に先々後悔するよ。

彼の喫煙の条件を超えるほどプラスの魅力があったとしても、ムリだろうね。

 

なぜなら、タバコの煙や臭いは不快でしかないから。

我慢婚は続かないのよ。

旦那のタバコ、「つらいけど我慢できる、大丈夫」と自分にいい聞かせても、本当は大丈夫じゃないから、確実に心も体もつらくなる。

そして、夫がタバコをやめない限り、離婚しない限りタバコに対する怒りとストレスが延々続いていく。

ニコチン中毒の女性喫煙者は婚活で低スペックの男性しか出会えない?
婚活する喫煙者の女性は禁煙しないと相手が見つからない。どうしても禁煙できないなら、出会う相手は低スペックな男性になる可能性が高い、なぜなら、婚活のフィールドではタバコを吸う女性を嫌う男性が大半だからだ。

私の父親はヘビースモーカーで、彼を見ると必ず火のついたタバコを指に挟んでる。

もうね、眠ってるとき以外はずっと吸ってるんじゃないかってぐらい、チェーンスモーカーだったよ。

常に煙草を左指に挟んだまま、右手でなにかしらやってる。

本をめくったり携帯を触ったり。

時々タバコの灰が床やテーブルに落ちてることもあった。

もうゲンナリだよ。

いくら家族が抗議をしても馬の耳に念仏。

終いには逆切れの繰り返し。

 

そしてなぜか、タバコを3分の1ぐらい吸ったら火を消して、また新しいタバコに火を点ける。

タバコ代もバカにならないのに、もったいない吸い方してんなこの人って、子どもながらいつも思ってた。

 

家の中は臭いし、家具やカーテン、服などありとあらゆるものがヤニ臭い、壁のクロスなど部屋の中で焚火でもしたのかと見間違うくらいまっ黄色。

私たちの髪の毛や飼い猫の毛までタバコ臭いって、どんな家だよ。

恥ずかしくて友達を家に呼べなかったもの。

 

ここまで酷いスモーカーは稀だろうけど、こんな環境にいると、こんな結婚生活に意味があるのか本当に悩むと思うよ。

一緒に食事してる時に、先に食べ終わった夫がタバコを一服吸ったらご飯がまずくなる、いつどこでタバコを吸いだすのやらといつもビクビクしなきゃいけない。

 

子どもへの受動喫煙も心配だよね。

よく家族に遠慮して換気扇の下で注意しながら吸ってる人もいるけど、100%害を取り除くわけではない、臭いも完ぺきに消えないし。

かといってベランダで吸うのは他人に迷惑をかけることになる。

締め切った車の中でタバコを吸ってる人を見かけると、ぞっとするよ。

あなたはタバコを吸ったあとに、口から有害物質を出す喫煙者とキスができる?

 

つき合ってる時は、たまのデートだから耐えられるかもしれないけど、結婚したら喫煙が日常になる、それがどんなにつらいか想像してみよう。

嫌悪感しかなくても、結婚したいからタバコぐらい妥協してこの人と結婚しようなんて情けないこと言わないでよ。あまいよあまい!

長年一緒に暮らしていると逐一、相手に注意するのも、我慢するのもうんざりするよ。

 

いくら金持ちだろうが、なんだろうが、そいつのタバコのせいで病気になったら、なんの意味もないんだよ。

独身でいる方がよかったと後悔するよ。

 

アラフォー女性の妥協しすぎ結婚は破綻するのが目に見える その結婚ちょっと待った!
結婚に妥協はつきものだし、ある程度は妥協も必要だけど、40代だからってそこまで自分の価値を下げる必要はないのだ。妥協できる点とできない点を今ここでしっかりと決めておかないと、後々メンドクサイことになるよ。

私とタバコどっちを取る?禁煙をすすめてもダメなら覚悟を決める

煙草を拒否する男性

もう、この際禁煙をお願いしよう。

こうなったら完全断煙だよ。

はっきりと、「喫煙者とは一緒に暮らせません。タバコの煙や臭いでアレルギーが出る体質で、頭痛もする。今までたまに会うだけだから我慢してたけど、デートの後家に帰って吐いてた。」

ぐらいのことは言っていいと思う。

大げさに言おう。

そのほうが、相手に刺さるから。

そこまで言わないと、喫煙が彼女にとって大きな苦痛だったと認識してくれないでしょう。

 

そこで、焦った彼がタバコをやめないと結婚できないと、禁煙・断煙するか、それでもやめてもらえないならこの結婚はあきらめて次に行こう。

あなたと本当に結婚したいのなら、禁煙外来に行ってでも断煙するはずだよ。

あなたよりもタバコを選んだ男、そんな人はさっさと忘れよう。

世の中、タバコを吸わない素敵な男性はいくらでもいるよ。

吸わない男性がどんどん増えてるよ。

 

女性は35歳過ぎて結婚・出産する人が多くいる

ウェディングケーキ

女性の35歳は、はっきり言って婚活では不利でしょう。

子どもが欲しい同年代の男性からは選ばれにくいでしょうし。

30代後半女性は、40後半から50代以上の男性からの申し込みの方が多いともいわれているしね。

 

婚活では女性を35歳で線引きする男性も多いけど、女性が男性の年収400万円以下は対象外として見ているのと一緒なので、男性ばかりを批判することはできないよね。

おたがいさまということで。

 

女性は35歳を過ぎても高望みをせず、諦めなければ結婚できます。

子どもが欲しいなら、早めに友人や親戚筋に紹介してと声をかける、結婚相談所に登録する、婚活マッチングアプリを使うなど、いろんな方法を使って試してみるといいね。

使えるものは全部使おう。

 

なんせ時間があまりないので、受け身ではだめよ。

この人だ!とビビッときたら、自分からガンガン申し込んで会いに行くことね。

 

ちなみに手前みそで恐縮だけど、私は36歳で見合い結婚して、38歳、39歳で年子で女児を出産した。

もちろん自然妊娠でね。

こんな人間もいるということでご参考までに。

 

まとめ

喫煙ぐらい妥協しないといつまで経っても結婚できないよと言う人もいるけど、そこは人それぞれ譲れるものと譲れないものがある。

タバコ嫌いな女性がタバコを吸う相手との結婚生活は耐えられないと思うよ。

妥協して結婚しても、愛情が薄れてきたころに耐え切れなくて、攻撃する人になるのもイヤでしょう。