酒癖が悪い男と結婚すると絶対後悔する 結婚する前に必ず酒を飲ませてチェックしよう

酔っぱらい

結婚相談所でお見合いした男性と本交際に入ってから、よく食事に行くようになりお酒も一緒に飲むことがあります。

誠実で温厚な彼だけど、お酒が入ると人が変わったようになる。

攻撃的になり私が話すことを全否定したり、よろけるほど飲んだり。

ひょっとしてお酒を飲むと理性が働かなくなる人なのではと不安になる。

酒癖以外はいたって普通で良い人なのにこの先、このような男性と結婚して上手くやっていけるのか悩んでいます。

 

まず、結婚を決める前に相手の酒癖がわかって良かったね。

酒の飲み方も相手を決めるポイントの1つとして絶対に外せないことだから早くわかってよかった。

ここを疎かにすると、地獄の結婚生活が待ってるからね。

酒癖が悪い男と結婚すると必ず後悔するよ、どん底だよ

アル中

世の中、酒の失敗で人生を棒に振った人は数知れず。

笑って済ませる失敗から、重大な取り返しのつかない失敗までいろいろやらかす人がいる。

初めのうちは女性の前で猫をかぶるため、べろべろになるまで飲まないでしょう。

しかし何度か飲みに行くうち、慣れ合いになり酒量が増えてくると次第に酒癖を表に出し始める男性もいる。

 

酒好きだから酒を前にすると、ついつい飲んでしまう。

終始楽しく飲んで気持ちよくなるぐらいなら問題ない、つまらない話でもお酒を飲めばなぜかへらへら笑える。

酒を飲むことに生産性はないけど、人生を楽しむマストアイテムだという人もいるだろう。

あー、今日も楽しいお酒だった、おやすみなさい。 ってなればいいのだけど、そんな人ばかりじゃない。

 

たちが悪いのは、普段はとても良い人なのにお酒を飲むと、打って変わって暴力的、罵詈雑言、部屋で放尿、失禁しながら帰ってくる、嘔吐するなど凄まじい人がいる。

そして次の日まったく覚えていない

朝起きて殴られた妻が隣で瀕死の状態だったらどうするんだ?

記憶がないから「誰にやられたんだ(泣)」となるのか。 アホすぎる。

 

また、酒癖が悪いと各方面でトラブルを起こすことになる。

酒が入るとエンジンが掛かって強気になるので、素面では絶対に口に出せないようなことも、気が大きくなって失言することしばしば。

お酒に飲まれるような人は会社の上司、同僚、家族、友人など数多くの人に迷惑をかけることになる。

このような男性と結婚して幸せを感じる女性はいないでしょう。

時間を戻せるなら、独身の頃に戻りたいと思うでしょうね。

 

酒癖が悪い男との結婚生活は家庭崩壊の一途をたどる

飲み会

酒癖が悪い男性と結婚すると悩みが増える。

夫が一歩外に出て飲みに行くと、また今夜もどこかでトラブルを起こしていないか気が気じゃない。

つねに、妻は夫の失態を取り繕う、イヤな役目を余儀なくさせられる。

妻と夫は1セット?夫の失態のせいで、謝りに行った妻までが白い目で見られることもある。

 

女の子がいるお店に飲みに行く、キャッチに誘われるまま行った店でぼったくりに合って身ぐるみはがされる。
泥酔状態で帰宅して、冷蔵庫を開けてまだ飲もうとする。止めると逆切れして周囲に当たり散らす。
真夜中に酔って帰って来て愚痴を延々と聞かされる。聞かないと立腹してキレル。
深酔いして風呂に入られて、そのまま溺死してるんじゃないかとおちおち寝てられない。

このような例はごく一部だ。

 

また、酒癖が悪い人は多量を飲酒する酒豪でもある。

酒豪の人は急性アルコール中毒や消化器の病気・アルコール性肝炎やアルコール肝線維症にかかるリスクも高いので医療費も覚悟をしておいた方がいいでしょう。

酒癖の悪さは死ぬまで治らないといわれているので、酒癖の悪い夫と悪縁を断ち切るのはどちらかが亡くなるか、離婚する時だ。

 

このような男性と結婚して、背負わなくてもよい苦労を背負って行くのか?

こんな結婚は負け戦で、結婚する前からもう勝負(結末)が決まっている、最終的には離婚するか夫婦で精神を病むかのどちらかだよ。

 

私が出会った酒癖悪い男のエピソード

駅

過去にお見合いした男性たちにこんな人たちがいた。

おそらく、結婚していたら後悔していただろう。

男性と1件目で飲んで次のお店に向かうときに乗ったタクシーの中で、突然運転手に車を止めてくれと指示。

男性はそのまま車から降りてフェンスをよじ登り、公園の中のトイレに向かう。
フェンスなどよじ登らなくても、すぐに公園入り口があったにも関わらず。

その後タクシーの中で靴を脱いで運転手に後ろからぶつける、その挙句嘔吐されて私のコートにも盛大に飛び散った。

泥酔して目が座ってろれつが回らなくなりなにを言ってるんだかさっぱりわからない、よだれを垂らす。って赤ん坊かよ!
お店を出て寒い雪の中路上に座り込んでテコでも動かない。 放っておくと凍死するので通りかかったお巡りさんと協力してなんとかタクシーに乗せた。
飲んで解散した後家に帰らず、ずっと駅のホームで終電が無くなってもベンチで寝ていた。間もなく駅員にたたき起こされてタクシーで帰宅。
酔っぱらって間違って女子トイレに入って用を足して、駅員さんからもう少しで警察に通報されるところだった。
家に帰ってガラス窓に頭ごと突っ込んで粉々に。全身にガラスが刺さって全治1か月。
家族に酒を止められていた彼は、どうしてもやめられなくて一升瓶をシューズクローゼットの中のゴルフバッグの中に隠し入れて、家族が不在の時にちびちび飲んでいたというエピソードを自慢げに話す男性もいた。 アル中じゃん。

私もお酒が大好きなので、お見合い相手と飲みに行くのは楽しかった。

それに、お酒を飲んだことで相手の酒癖がわかったからよかったなと。

 

これから本気の交際に入る女性は、徹底的に酒を飲ませて酒癖を見抜いて、どんなにドストライクなイケメンでも条件がバッチリでも、絶対に酒癖の悪い男性とは結婚しない方がいいよ。

馬には乗ってみよ人には添うてみよ。

 

酒癖悪い男性と一緒になったら、気苦労の連続だよ。

徹底的に飲ませて、どれだけ崩れるか見ておこう。

地獄を見たければ、アルコール依存症者のいる家庭を見よ

 

酒乱と酒癖が悪いの違い

男性

酒乱とは酒に酔って暴れること。

酒癖が悪いとは酒に酔って豹変すること。

どう違うのか?

どちらも、普段どちらかというと気の弱い生真面目な人がお酒を飲むと豹変し、暴れる、絡む、泣く、人を傷つけるなどトラブルを起こすことだろう。

もっとも共通している部分は、決まって記憶が飛んでいるので覚えていないこと。

 

このような人は1人で飲んでる時はどうなんだろう?

1人でも暴れたり泣いたりしているのだろうか?

誰かに電話をかけて人の迷惑を顧みず長々と話し続けているのか?

誰かが目の前にいるから暴れたくなるのか?

さっぱりわからない。

 

まとめ

酒癖の悪い男性と結婚したら気の休まる暇がない壮絶な結婚生活が待っている。

酒癖が悪いのを治すのは酒をやめるしかないけど、そう簡単にはいかない。

やめれるものなら、とっくにやめているだろう。

結婚して後悔しないように、本交際に入ったら必ず酒の席に何度か連れ出して酔っぱらった様子をよく見ておこう。

これをせずに結婚を決めてはならない。