お見合いランチの相場は?1回目はお昼に時短デートで安心したい

Restaurant

ぶっちゃけ初対面の男性とのお見合いデートは正直言って疲れる。

自覚はなくても、無意識のうちに相手に気を使っている女性も多いでしょうね。

そういったわけで誰であろうと「初面接」ということで疲れるのである。

 

男性と2人きりで初めて会う場合、明るい真昼間にランチを食べてお茶して、明るいうちに解散することをおススメするよ。

夕方から始まるディナーはお酒が入ることもあるし、お酒を勧められて酔ってしまったらなんて考えるとなにかと面倒だ。

そういうわけで、昼間のランチならお酒が入ることもないので、夜よりも昼間の方が安心安全でしょう。

初めてのお見合いランチの相場はいくら?

italian food

仲人を介した結婚相談所は男性が女性の支払い分まで負担するのが、相談所のルールになっているところが多い。

なぜかというと、男性が支払う方が男らしくて好印象だから。

会計の時に女性と割り勘にしている姿はなんともダサくてケチ臭い印象だ。

実際、端数まで割り勘にしてさっさと見限られた男性もいる。

たったの数百円で未来のお嫁さんを失ったかもしれない、哀れだ。

 

婚活マッチングアプリや結婚情報サービスでマッチングしたカップルにはそのようなルールがない。

なので、割り勘もしくは男性が負担するというスタイルになっているようだ。

 

高価なランチ代金を支払うとなると、負担してくれる男性が気の毒に感じるし、割り勘となると自分も結構痛い出費になったりする。

給料前のデート代は結構家計を圧迫するから、できればそのあたりはお見合いを避けたい。

 

チョイスするお店によって金額は異なるが、コーヒー・紅茶など食後のドリンク付きのランチを頂いたとしても、およそ1人につき1,500円~3,000円ぐらいが相場でしょうね。

割り勘でもそれほど負担にならない料金は、人によりけりだけど3,000円ぐらいまでかな?

お見合いランチの良いところは、ディナーよりもリーズナブルでそこそこ充実したセット、もしくはコースをいただくことができるので、割り勘になってもそれほど負担を感じることなくデートができるところにある。

 

お見合いランチは昼間に会って解散する健全なデート

ランチタイムの2~3時間の時短デートでは、相手のことがなにもわからないじゃないのというあなた、それでいいんです。

初対面の人と長い時間2人きりで過ごすと気疲れするでしょう。

3時間以内で会って、少し物足りないなあと感じるぐらいが丁度いい。

それに、顔を見たとたん内心、「ハズレ!早めに切り上げたいぞ」と思う相手が来る場合だってあるんだよ。

初回のお見合いランチは、顔合わせをしてどんな相手なのかおたがい自己紹介して、今度また会いたいかどうかを確認するもの。

 

見ただけで無理な男性

見た目は大丈夫でも話すと無理な男性

女性なら今度会いたいかどうか相手を見ただけで、瞬時にジャッジできるでしょう。

どのような性格の男性が来るかわからないので、1度目はご飯だけ食べて帰ってくると思ったら気が楽でしょう。

 

帰りはまだ時間が早いので百貨店に寄って洋服を見たり、ショッピングモールなどで買い物する時間もある。

 

初対面の男性と会う時は警戒した方がよい理由とは

Liquor

女性の仕事の都合などで夜にお見合いディナーになることは仕方がないとしても、よく素性のわからない男性と初めて会うときは、大げさなぐらい警戒して昼間に会う方がいいでしょう。

 

ディナーの方がムードがあっていいけど、まだそのようなものを求めている段階にないし、夜に比べて昼間の方がはるかに安心できる。

 

仲人が厳しく目を光らせている相談所でのお見合いは、たとえ夕方から始まっても下心を見せる男性は少ないでしょう(確実性はないけど)。

しかし、婚活マッチングアプリや結婚情報サービスには体だけの関係を持ちたい、けしからん輩もいるので、そんな男性は夕方からデートに誘ってくるだろう。

 

夜の雰囲気+酒の力を借りて女性を落とそうと狙っている男性はいくらでもいる。

お酒を飲まされて酔ってしまったら、お酒に強い女性はともかく弱い女性なら後々後悔するできごとが起こることもある。

お酒が強くたって、お酒と雰囲気と甘いささやきに流されて、そのまま関係をもってしまうことだってある。

もっと男性を怖がろう。

いくらやさしそうな相手でも、羊の皮をかぶった狼かもしれないよ。

だから、初顔合わせはよほど都合がつかない限り、お見合いランチで健全なデートを楽しみましょう。

 

お見合いランチの注意点

心地よい素敵な内装、素敵なカトラリーを揃え、スタッフの制服もオシャレ、スタッフが素晴らしい接客をする、料理の味も素晴らしいお店がたくさんあるね。

そんな中から唯一、1軒のお店を見つけるのは苦労するけど、それも楽しい時間だ。

 

行きたいお店はだいたい人気店だったりするので、いきなり行くと満席で入れないという肩透かしを食らうこともあるので、そこは男性からきちんと予約を入れておいてもらいましょう。

その時忘れずに、苦手な食材やアレルギーの有無をいっておくと、食べられないものが出てきて口をつけられなかったなどという失礼を回避することができる。

とくに偏食が激しい人は、嫌いなものがいつでてくるかドキドキしていると、心から食事が楽しめないでしょう。

 

お見合いランチのお店のチョイスについて

寿司店

小さな子が走り回って泣きわめき、母親の怒号が飛び交うカオスなファミレスやフードコートなんて行く人はいないでしょうけど、賑やかな居酒屋チェーンのランチも煩くて、ちょっと値段の張る回転ずし店などネタが新鮮で美味しそうでも行かないほうがいい。

あくまでも目的はお見合いだからね。

お見合いランチをするなら、ゆっくり落ち着いて話ができる静かな空間が理想的。

 

お見合いランチするなら

ホテルの各種ランチや街の中にある

イタリアン、フレンチ、和食、回転しない寿司、鉄板焼き、高級中華、タイ料理、インド料理

などおすすめね。

駅から比較的近い場所にある、明るい雰囲気のお店がいいね。

 

まとめ

お見合いランチの良いところは、食事が終われば比較的早めに別れられるところ。

夕方から会うとなると、なかなか帰りたいと言えないシチュエーションになることもあるけど、その点昼間ならお酒を飲まない健全なデートで、ランチを食べたらまもなくして

「名残惜しいですけど、今日はこれから用事があるのでそろそろ帰りますね」

と言い出しやすいものね。

お見合いランチはお昼を食べて明るいうちにお開きしよう。

早めに解散すると自分の時間ができるので、翌日からお仕事の人は明日に備えて家でゆっくりできるしね。