入籍3分後に離婚した夫婦その理由とは?夫のモラハラ?暴言?(クウェート)

リング

夫婦の離婚の理由はそれぞれだが、このほどクウェートで結婚してからわずか3分後に離婚したカップルのニュースが『Q8 News』をはじめ、『Mirror』『The Sun』などで伝えられた。

クウェート史上、最短記録とされる離婚が成立した。

一組のカップルが裁判官の前で結婚の契約を交わし、夫と妻になる正式な手続きを済ませ裁判所を出ようとした時、妻になった女性がつまずき転んでしまった。

それを見た夫は、「愚か者」と侮辱の言葉を浴びせたことから妻が激怒。

判事に「すぐにこの結婚を白紙にしてほしい」と要求した。

判事は妻の求めに応じ、離婚手続きをした。

結婚の契約がなされてからわずか3分後に離婚したカップルは、夫婦となって裁判所を出て行くことは叶わなかった。

livedoor newsより引用

クウェート史上最短記録とされる、モラハラ夫の一言が発端になった離婚騒動。

クウェート史上というよりも、世界史上最速と言えるのでは?

 

 

花嫁の早い決断に世界中が賛同する

ramadan

あるTwitterのユーザーは、

「リスペクトなしの結婚は最初からうまくいくはずなんかない」

「夫になって最初からそんな態度をされるなら、去った方がマシ」などとツイート。

このニュースを知った人からも、

「男性の真の姿をわかってなくて結婚したんじゃないの?」

「挙式後に妻を侮辱するような男は、家では暴力を振るいそう」

「懸命な判断だ」

「これから受けるかもしれなかった暴力を思うと、3分で離婚してまだ救われたと思う」

「見合い結婚だったのかな」

「判事の反応を生で見てみたかったな」

「つまずいた妻を気遣うことすらせずに、そんな言葉を投げかける男なんてしょせんその程度の奴」

「どうせ女を物としてしか見てなかったんだろう」

といった声が寄せられた。

livedoor newsより引用

裁判所を出ようとしたときに、妻になった女性がつまずき転んだところを、夫は助けるどころか「愚か者」と侮辱の言葉を浴びせたとのこと。

そりゃあ言われた妻は腹立たしいでしょうね。

 

長年連れ添った夫婦で、妻に対して上から目線でものを言う威張り散らした夫なら、ありえるかもしれない。

 

だけど、まだ結婚したてのホヤホヤ、2人はこれから愛を育んでいくためのスタートラインに立ったばかりだ。

 

転んだ妻に対して、そこは
「大丈夫?」
「気をつけてね」
そういって、しっかりと彼女の手を繋いで歩くのが、常識のある人間のやることだろう。

こんなモラハラな夫との縁を早い段階で断ち切って正解だ。

 

だがしかし、「愚か者」といわれたからといって、離婚という人生最大の決断を入籍後たった3分後にすることなのかと疑問を持つ人もいるでしょう。

 

結婚の始まりから妻を愚か者呼ばわり、しかもたかだか転んだだけで?

そんな相手とこの先、この結婚生活が上手くいくはずない。

彼女はこの出来事でむしろ彼の真の姿が分かった、私の判断は間違っていないと確信したのでしょう。

 

まず、日本人では考えられないような離婚騒動だね。

役所に婚姻届を出した帰りに、役所の出口で転んだ妻に夫から「愚か者」呼ばわりされたぐらいで、役所に戻って離婚届を出すなどありえないもの。

 

せいぜい、そこは夫婦げんかしてその件は終了。

あとは、様子見ってとこでしょう。

結婚して速攻離婚なんて、日本人の感覚ではありえないでしょうね。

 

この2人、一見くだらない理由でマッハの速度でスピード離婚しているように見えても、その根底にあるものは当事者にしかわからないことだ。

 

だから、実は愚か者と言われてだけで離婚したのではないのでは?

交際中に誰にもいえないぐらい、彼から傷つけられることがあったり、思いやりのない扱いをうけていたり。

本当にこの人でいいのだろうかと、ずっと悩んでいたのかもしれない。

 

彼女の心を別れへと動かすこれといった決定打がないまま、微妙な気持ちで彼と結婚したところ、愚か者呼ばわりされるアクシデントが起こった。

これで彼女の気持ちが、限界に達したのかもね。

 

相手をバカにしたものの言い方や、態度に思いやりがない人を尊敬できないし、ましてや結婚なんてできない。

それが彼女の答えなのでしょう。

 

 

クウェートの結婚事情

lamp

クウェートは中東・西アジア国家。

クウェートはイスラム教なので、法律上男性は4人まで妻を迎えることができる。

 

ただし、今では一般的ではないそう。

なぜなら、4人の妻には経済的に公平に扱わなければならないから。

つまりお金がかかるから、相当な稼ぎのある富裕層でなくては妻4人とその子どもたちの面倒を見ることは不可能だ。

 

また、2番目以降の妻を迎える時は本妻からの許可が必要だ。

経済的・精神的に、なにもかも面倒なことばかり、妻は1人いれば十分でしょう。

 

クウェートでは一般的に、結婚したいと思ったら母親に伝える。

母親は息子にふさわしい相手を親戚や知人に聞いて探して回り、見つけたら相手の母親と会って、息子の写真を見せながら「うちの息子どう?」と提案する。

 

もしも断わられてもそこで諦めずに、今度は父親が相手の父親と会って「うちの息子と会ってみないか?」としつこく提案する。

 

または、好きな人ができたら母親に話して、母親が女性の母親に相談する。

自分から直接告白するわけではなく、まずは必ず母親に相談しなくてはならないのだ。

そこでOKの返事をもらえれば交際がスタートする。

 

婚約が成立しても2人きりで会うことはできない。

婚約者の弟や兄などと一緒に大勢で会うことになる。

 

クウェートでは、結婚を前提とした交際しか認められておらず、最初から親を介在させることが一般的。

交際中に相手を嫌いになれば、婚約の破棄もできる。

 

クウェート人同士で結婚すると政府から優遇される

クウェートでは結婚するとかなり優遇される。

なんと国から

●一軒家がもらえる
●100万円支給される
●子どもができると給付金がもらえる

だが、離婚率が高く50%にも及ぶそう。

多すぎやしないか?

相手が気に入らないと速攻、深く考えずに離婚してしまう夫婦が多いのか、なにかあると簡単に離婚してしまうのか。

 

日本は結婚するより離婚する方が大変で、エネルギーを消耗するというけど、クウェートでは手続きがそれほどややこしくなく、すんなりと離婚できるのだろうか?

 

 

まとめ

相手に対して愛がなくなって、気持ちが冷めるまでにかかる時間は人それぞれ。

え、そんな理由であっさり離婚するの?といわれるようなくだらない理由でも、当人にとっては人生最大の決断をするほどのことだとういうことが他人にはわからないのだ。

 

つまずいて転んだだけの新婚の妻に対して「愚か者」と罵るような男に、結婚の契約を交わして3分後という光のような早さで離婚を突きつけたことは、彼女が未来に幸せを掴むための英断である。

 

 

コメント