婚活詐欺で被害者になった私 脳内お花畑の女性が注意するポイントとは

チューリップ

11月22日、テレビ朝日系木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』の第6話で、お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎氏が婚活詐欺の被害者役でドラマに出演することが決まったそう。

ドラマのなかで、婚約者に騙されて3,000万円の最悪な土地を買わされるんだとか。

だますよりも、だまされる役だ。

 

実際彼は、私生活でも日ごろから女性に騙されやすいんだとか。

高額の酸素カプセルの購入を持ちかけられたりしたけど、お金がなくて買えなかった。

相手にもっと入れ込んでたら、お金を借りてまで購入したかもしれないね。

被害にあわなくてよかった。

 

自分が婚活詐欺に会うなんて絶対にない。

私みたいに慎重な人間が、そう簡単にそんな輩(やから)にだまされるわけがない。

なーんて思っていたら、まんまと婚活詐欺男に騙された。

婚活詐欺=結婚詐欺

意味は一緒。

 

はい。60万円貸したらすぐにドロンされました。

大嶽翔仁容疑者「財布をなくした」と現金騙し取るヤバイ婚活詐欺男
またクズ男が捕まった。 真面目に結婚を考える女性の心を、自分の欲のためにいとも簡単に踏みにじる女の敵ともいえる男「大嶽翔仁容疑者」。 この男が犯した罪は  大嶽翔仁容疑者は9月、インターネットの婚活サイトで知り合った東京・...

婚活詐欺師に出会った経緯を簡単に説明

finger

私を騙した悪い男は、34歳の時に大手婚活サイトで出会った男。

私よりも6歳年上のバツイチ、3児の子供あり。

全員女の子で、別れた奥様が養育しているということ。

 

プロフィールには

  • 大学卒
  • 年収1,500万円
  • 会社経営
  • 持家あり
  • 養育費は毎月24万円支払い

ざっと、こんな感じで書かれてた。

 

大手で安全安心が売りの、身分証明書の提出が必須な婚活サイトで出会ったというのもあって、最初から信用しきってたんだね。

有名なホテルのロビーで待ち合わせて、カフェで話をした。

会ってみると顔はタイプ。

話も趣味も合う。

話していて楽しい。

 

中学生から高校生までの女の子3人の養育費が1人当たり8万円、毎月24万円と破格だけど、学生だからお金がかかるし、年収も高いからまあいいかと深く考えずに、おつき合いを始めてしまった。

家が近かったので、週に4度ぐらいはデートをしてた。

会えない日は、必ず電話かメールでたわいもない話を1時間以上やりとりしてた。

 

私は、彼と会えば会うほどに好きになり、この人と結婚したいという思いが日に日に募っていた。

この人は運命の人なのかもと、完全に舞い上がっていた。

 

好きすぎて脳内お花畑だから不満なことがあっても目をつぶる

landscape

好きになり過ぎて、視界がぼやけて相手のことがよく見えてなかった。

つまり、相手の不審・異常な部分を見てみぬふりをしていたのだ。

 

彼の中学3年の娘が、ひと月のうちに2度ほど土日に彼の家に泊まって帰るんだけど、彼と2人で一緒にお風呂に入る、そして一緒のベッドで寝る。

血の繋がったわが子だから、一緒に風呂に入るのも一緒に仲良く寝るのも当然ありだけど、15歳の娘と父親がお風呂に入るなんて、衝撃的だったし、なんだか気持ち悪いと思ってしまったの。

 

1年以上車検切れの車に乗っていたのを発見した。

車検切れの車で公道走ってたよね、それ、違反じゃないの。

「車検受けるの忘れてた」って言ってたけど、私の中ではありえない、そんな人がいるんだと驚いた。

無車検走行は

  1. 違反点数6点(前歴がない場合)
  2. 30日間の免許停止
  3. 6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金
  4. 自賠責保険に加入していなかったら、さらに6点追加

 

近くに住む私と同年代の彼の従妹の女性が、彼が不在中に合鍵で部屋に入ってシャワーを浴びたり昼寝をして帰る。

これも、普通じゃないと感じた。

従妹に合鍵渡すかなあ、しかも勝手に部屋に入って好き勝手するのが耐えられない。

 

クレジットカードを持っていない。

現金払い主義だからと言ってたけど、ブラックリストに載って作れなかっただけ。

 

とくに、娘と風呂に入る、従妹を家に入れることが気持ち悪くて耐えられなかった。

従妹は、本当に従妹だったのか?もしかしたら、彼女だったのかも。

まだまだ、ここに書ききれない理不尽な彼の行動があったけど、結婚したら娘に会うことが減るかもしれないし、従妹を家に入れなくなるかもと根拠のない期待をしていた。

 

10万円貸して欲しさに泣きながら土下座する男

土下座

交際が順調に?進んでいたある日、

彼から「仕事の取引先業者からの入金が遅れて、給料が払えないから不足分の20万円立て替えてくれ。入金があり次第、すぐに返すから」と連絡があった。

すぐに返してくれるならと、すぐさま要求された20万円を用立てた。

惚れさせマジックの威力は絶大。

ケチな私が、好きな男助けたさに、きっちりお金を用意するんだもの。

 

しかし、貸したお金を返してくれることもなく、何度かお金を用立ててくれと言われて、合計60万円も貸してしまった。

 

最後にお金を貸したときに「1円も返してもらっていないのに、これ以上はもう用意できない」と言ったら、泣きながら土下座して10万円貸してくれって。

10万円のためになりふり構わず土下座するって、相当切羽詰まってたんだね。

 

それからしばらくして連絡が途絶えて、ついに音信普通になった。

ああ、そういうことか。

家に行ってももぬけの殻、会社の住所や名前も嘘。

 

唯一娘の中学の名前は知っていたので、校門の前で待ち伏せして父親の連絡先を聞き出そうかと思ったけど、娘にはなんの罪もないし、なによりもそんな惨めで恥ずかしいことしてなんになる。

自分が情けなくなるだけじゃないの。

 

典型的な婚活詐欺師に会ってしまったと気がついたら後の祭り。

逃げられたときはかなり動揺したし、お金も1円も戻ってこないけど、高くついた勉強代と思えばいい、相手の男が危険人物で命まで取られなかっただけマシだと思えばいいと、自分に言って聞かせて心を落ち着かせるしかない。

 

そいつと別れたおかげで、やさしくて思いやりのある夫と出会い、結婚して子どもも生まれた。

私と別れてくれて(逃げてくれて)ありがとう。

 

婚活詐欺師に騙されない対策はいたってシンプル

woman

お金は絶対に貸さない、用立てない。

たったこれだけ。

 

なにがなんでも、絶対に、お金を貸さないことにつきる。

それでも貸すのなら、あげよう。

戻ってこなくてもいいやと思える金額を渡そう。

私なら3万円まで貸すね。

それ以上はムリ。

 

彼の前ではお金のない振りをして、給料や貯金額について聞かれても、給料は低く、貯金はほとんどないと公表する。

金銭の話が出た時点で不審に思うことよ。

本当に好きな女性から、お金を借りる男性なんていないんだから。

ひとりで考え込まないで、家族や友人に相談してみる。

 

あとは、身元を確認すること。

婚活アプリなどのSNSの情報だけを信じてはダメなのよ。

住所、氏名、年齢、勤務先の事項、家族や友人などの交友関係も把握しておこうね。

 

しかし、これだけ把握していても、貸したお金は戻らないことが多いね。

なぜなら、詐欺師の親は、大人の息子がやったことだから、自分たちは関係ない、そっちで勝手に解決してくれとなるでしょう。

そりゃあそうだ、未成年じゃないんだから。

なかには、息子のやらかした無礼を詫びて誠心誠意返金してくれる親御さんもいるでしょうけど。

 

婚活詐欺師は口から出まかせばかりいうから、甘い言葉に騙されないことよ。

堂々と彼女の親に会いに行って、挨拶までする図太い神経の男もいるから、親に会わせたから安心じゃない。

親に会っておきながら勝手に交際を終了させて逃げる男もいるからね。

もっと過激な婚活詐欺師は、結婚式を挙げておきながらドロンすることもあるのだ。

 

「結婚しよう」

「君の笑顔を見たら元気になれるよ」

「君が望むならなんでもするよ」

婚活詐欺師は、金銭をだまし取るためなら、どんな歯の浮くような甘いセリフも、恥ずかしげもなく口にするのだ。

 

まとめ

婚活詐欺氏は、金銭をだまし取るために結婚を餌に女性に近づくの。

だから、どんなに頼まれてもお金は貸さないこと。

私のように、好きになってこの人と是が非でも結婚したいと、周りが見えなくなってしまってお金を貸し続けたりしないで。

今考えたらなんであんなしょーもない男に入れ込んだのか不思議。

あの時の自分をぶん殴りたい。

少しおかしいと思うことも、惚れた弱みで目をつぶっていたんだよね。

 

惚れた弱みにつけ込んで、結婚を夢見る女性に人情を絡めてくる、婚活詐欺男の劣悪な行為は許せない。

絶対にだまされないように気をつけて。

婚活詐欺で被害者になった私 脳内お花畑の女性が注意するポイントとは
11月22日、テレビ朝日系木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』の第6話で、お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎氏が婚活詐欺の被害者役でドラマに出演することが決まったそう。交際が順調に?進んでいたある日、彼から「仕事の取引先業者からの入金が遅れて、給料が払えないから不足分の20万円立て替えてくれ。

コメント