婚活バスツアーが50代女性に人気のヒミツのわけとは 1人参加もOKよ

婚活バスツアー 50代以上の婚活

旅行者

みなさんは婚活バスツアーに行ったことありますか?

以前に増して、最近話題になっている婚活バスツアー。

婚活バスツアー・婚活ツアーは約10年前から始まって、旅行も婚活もできる出会いのフィールドとして急成長しているのです。

婚活バスツアーって言葉は知っていても、どういったものなのかよくわからない。

興味があるから1度行ってみたい。

今回は50代女性向けの婚活バスツアーの人気のヒミツを探ってみました。

行ってみたいけど、なんとなく気恥ずかしいと感じて二の足を踏んでいる50代女性の参考になれば嬉しいです。

婚活バスツアーがなぜ50代女性に人気なのか?

婚活バスツアー

お1人さまでも気軽に参加できるから

どこかに旅行に行きたいけどひとりで巡るのは寂しい、ひとりで食事をするのは味気ない。

そんな人はどうせ行くなら、もしかしたら出会いもあって旅行もできる、婚活バスツアーに参加するのが一石二鳥ですね。

ひとり旅が趣味という人もいるけど、私はひとりで旅行するなんて考えられない。

絶対無理。

話し相手が欲しいな。

婚活バスツアーの内容とは

婚活パーティーの会場が、バスの中になったと思えばわかりやすいでしょう。

    1. まず最初に身分証明書を提示して本人確認
    2. プロフィールシートに記入
    3. スタッフがくじ引きで座席を決める
    4. 女性は全員窓側の席に着席
    5. 男性は通路側に座り、パーキングエリアに到着するたびに回転ずし方式で席をチェンジ
    6. ひとりひとり男性全員が万遍なく女性の隣に座り、お昼ご飯前までにはすべての女性とお話をする
    7. 一通り男性全員と話をしたら会話がはずんで楽しかった相手や、気になる相手の番号をカードに記入してスタッフに渡す。
    8. 目的地に到着すると、男女がグループごとわかれて昼食
    9. フリータイムを思い思いに過ごす
    10. カップリングカードにカップルになりたい男性の番号を記入
    11. バス到着時にカップル発表

およそこんな感じでバス移動中はスタッフが場を盛り上げて、ゲームなどを楽しみながら進行します。

婚活バスツアーは婚活抜きでも行ってみたいツアーで溢れている

バーベキュー

日常からかけ離れた景色の観光地を訪問したり、そば打ち体験や紅葉狩り、ぶどう狩り食べ放題、リンゴ狩り食べ放題、バイキングやバーベキューなど、おなかも満たされます。

普段の生活では出会うこともない人々と対話し、景色も十分満喫できるなど、完成度の高い充実したツアーが企画されているのです。

楽しいけど、家に帰って体重計に乗るのが恐ろしいという悩みもありますが…笑

昼食のあとはお待ちかねフリータイム。

通常の婚活パーティーのフリータイムは短い時間で、興味を持った男性を狙い撃ちし、時間がないので早口で自分を売り込まないとだめ。

その点、バスツアーなら時間がたっぷりあるので、散策しながらゆっくりと自己アピールができるのです。

気になる男性がいたら、勇気を出して?気軽な気持ちで声をかけてアプローチしてみましょう。

若い頃なら照れくさくて絶対に自分からアプローチなんて無理と行動を起こせなくても、年を重ねて50代になった今の自分なら、気になる人に少しは声をかけることができるかもしれない。

もちろん、たった数時間のバスツアーで相手に恋心を持つことはないでしょうから、

「もっとあなたと話がしたい」、「あなたのことが心に残った」と伝えてアプローチしたらいいと思うのです。

勇気をだして一歩踏み出そう。

最後に、この人とならカップルになってもいいなあと思える人の番号をアプローチカードに記入します。

バスが到着と同時にカップリング発表

カップルになった人たちから、バスを下車してさようなら。

今後のことは2人で進めていきます。

バス移動などで疲れてクタクタ、これからどこかに行くパワーも残っていないでしょうから、まずは連絡先の交換をしてさようならかな。

仮にあなたがカップルにならなかったとしても、受け入れられる相手なら、メール交換して日を改めて食事に行くのもいいかもね。

ひとの縁はどのようなカタチでつながっていくかわからないから、縁を大切にする人はいつか幸せへのチケットを手に入れることができるでしょう。

50代女性が1人参加でも楽しめる婚活バスツアー

ひまわり

婚活バスツアーをひとりで気軽に楽しみたいと参加するケースも多いので、スタッフもそれをよく理解しています。

そのため、1人ぼっちな人が出ないようにグループを決めて散策や見学をしているので、寂しい思いをすることはないです。

婚活バスツアーの料金

行先や季節にもよるけど、およそ10,000円~のツアーが最多。(2020年1月現在)

例えば

参加費用男性15,800円(税込)女性12,800円(税込)

行先やツアーのタイプによって料金は変わってくるけど、女性の方が男性よりも参加費が大分安いです。

この料金には昼食代金、バスの運賃、高速代などが含まれているから、まあ、妥当な線かな。

それほど高いわけではなさそうです。

通常の日帰りバスツアーでも、大体こんなものでしょう。

高いという人もいるけどね。

そういう人は、あまり楽しめなかったり不満があったのでしょう。

まあまあ好みの相手がいて、ツアーが盛り上がればコスパが良いと感じるんでしょうけど。

50代女性が参加する婚活バスツアーの注意点

参加条件に女性の年齢が54歳までというのをよく目にします。

それじゃあ、55歳からの女性はどうすればいいの?

調べてみると、女性40歳から65歳までというツアーを発見。

しかし、これでは女性の年齢の幅が広すぎる。

ツアーに40歳がきたら50代以上は不利です。

もしも、50代女性が本気の婚活気分全開で参加するのなら、こういうのはやめておきましょう。

50代はみじめになるだけ。

「婚活なんて関係ない、私は旅行に行きたいだけなの」なら参加OKね。

婚活バスツアーのちょっと???なところ

バスの車内

  • 朝から夜まで拘束時間が長いので気疲れすることがある
  • 帰りのバスは座席がフリーなので、お目当ての男性と座れないと悲しい
  • さらに、苦手なタイプと座席が隣り合ってずっと一緒だと地獄
  • 相手の年収がわからない
  • 50代女性の参加するツアーは男性の年齢層が比較的高め
  • 従って、そういった相手と結婚するとまもなく介護要員になる可能性が否めない

もっというと、相手の親も絶賛介護中かもしれない。

  • カップルが成立しにくい
  • 出会い作りというよりも、知り合い作りのようだ
  • いかにも婚活している集団が、ぞろぞろとみんなで歩くのが恥ずかしい
  • おじいさん過ぎる男性がいて、その人に好かれて横にぴったり張り付かれたら、ツアーに参加したことを激しく後悔する

婚活バスツアーにこういったことはつきものです。

それでも良かったら行ってみませんか?

まとめ

もしもあなたが婚活に疲れていたら時々息抜きに、過度の期待を持たずに婚活バスツアーに参加するのもいいでしょう。

2時間程度で終わるお見合いパーティーと違い、1日中一緒に過ごすバスツアーは、自然体で話せる分相手の人柄がわかりやすい。

しかし、その場のメンバーのタイプによっては気疲れすることもある。

婚活バスツアーは本来婚活することが目的。

そこを間違えてはいけないところだけど、旅行目的で参加してついでにイイ男性にめぐり会えたらラッキーくらいの感覚の方が気が楽ですね。

受け入れられそうな男性がいたら、バス下車後もがんばって連絡先交換してみましょう。

コメント