「後妻業」ドラマ第7話 小夜子が獲物に本気で恋をした? あらすじネタバレ感想 3月5日放送

後妻業第7話

後妻業 第6話までのあらすじとネタバレ

司郎(長谷川朝晴)の浮気を知ったショックで、失意のどん底にいた朋美(木村多江)は本多(伊原剛志)にすがり、とうとう一晩を共にしてしまうが、翌朝になって、朋美はこれきりにしようと本多に伝える。

2人を張り込み続けた博司(葉山奨之)から送られた、朋美と本多の浮気の現場を抑えた写真を見た柏木(高橋克典)は、本多の弱みを握ってもう怖いものなしだ。

 

小夜子は笹島(麿赤兒)に遺言公正証書を言葉巧みに書かせ、あとは役所に提出するところまで行ったが、 笹島と小夜子が交際していることを聞きつけた朋美の邪魔が入り思うよう事が運ばない。

朋美は父親のような犠牲者をもう出したくないとの思いから、笹島に小夜子の非道な過去をぶちまけて説得に動き出すが、笹島が小夜子に言いくるめられそれも失敗に終わる。

 

小夜子は新たなターゲットとして、柏木から不動産会社の役員である、イケメン老人の舟山(中条きよし)を紹介される。

今までにないタイプの紳士的な舟山に惹かれていく小夜子。

 

しかしその頃事件が起きた。

笹島が自宅で死んでいたのだ。

なぜ死んだのか?もしやまた、小夜子が殺したのか?

 

これまでが第6話までのあらすじである。

「後妻業」ドラマ 第1話 メガトン級にヤバイドラマ あらすじネタバレ感想 1月22日放送
恋愛、結婚、再婚。 男と女の出会いにはいろんなパターンがある。 結婚する男女全員が、ただ相手を好きなだけで一緒になるわけではない。 確たる目的意識を持って結婚相手を探す人もいる。 そう、相手に愛はないけどお金のためなら結婚できる...
「後妻業」ドラマ 第2話 木村佳乃の関西弁がアカン?あらすじネタバレ感想 1月29日放送
後妻業 第1話のあらすじとネタバレ ドラマ「後妻業」の第1話で、元教師で小金持ちの老人中瀬耕造(泉谷しげる)を惑わせ、無事結婚をした小夜子(木村佳乃)。 結婚後は着かず離れずの通い婚、適度に距離を置きながら、心にもない愛情表現で...
「後妻業」ドラマ 第3話 次のターゲットは認知症の孤独な金持ち老人 あらすじネタバレ感想 2月5日 放送
後妻業 第2話までのあらすじとネタバレ 小夜子の夫の耕造(泉谷しげる)が急死して、思惑どおり多額の遺産を手にした小夜子(木村佳乃)と、後妻業の元締めで不気味なオトコ柏木(高橋克典)。 遺産をまんまとせしめた後妻の小夜子に対して、...
「後妻業」ドラマ第4話 小夜子の弟登場!クズな弟の正体とは? あらすじネタバレ感想 2月12日放送
後妻業 第3話までのあらすじとネタバレ 急死した耕造(泉谷しげる)の葬儀が済むや否や、早速柏木亨(高橋克典)が見つけてきた次なる案件の大手外食チェーンうどん店の会長 富樫幹夫(佐藤蛾次郎)をターゲットにするために、小夜子(木村佳乃)が...
「後妻業」ドラマ第5話 小夜子の次なるターゲットは元開業医の資産家 あらすじネタバレ感想 2月19日放送
後妻業 第4話までのあらすじとネタバレ 小夜子(木村佳乃)は3番目の夫の中瀬耕造(泉谷しげる)を亡くし、喪が明けないうちから次なるターゲットで、これまた資産家の大手外食チェーン・うどん店の会長 富樫幹夫(佐藤蛾次郎)にすり寄るが、...
「後妻業」ドラマ第6話 柏木に弱みを握られた本多危うし あらすじネタバレ感想 2月26日放送
後妻業のエース小夜子は新たな獲物を狙って行動を起こす。探偵が逆探偵され柏木に弱みを握られた本多と朋美。 朋美のクライアントの笹島が新たな小夜子の獲物とわかって、2人の交際を阻止するために笹島邸に乗り込む朋美であった。

さあ、次の7話にこうご期待!

 

後妻業 放送日

放送:フジテレビ 毎週火曜日 夜9時~

原作:黒川博行

脚本:関 えり香

音楽:真鍋昭大

主題歌:宮本浩次「冬の花」

制作:カンテレ 共テレ 

 

後妻業 第7話あらすじ

 

 朋美(木村多江)は柏木(高橋克典)に小夜子を捨てて私と組まないかと話を持ち出すが、「あんたはこっち側の人やない、関わるな」とけんもほろろに断られる。

本多(伊原剛志)から笹島(麿赤兒 まろあかじ)が一酸化炭素による中毒で死んだことを聞かされた朋美は驚いて、また小夜子が殺したのではないかと疑いを持つ。

朋美は奪われた亡き父・耕造(泉谷しげる)の遺産を取り戻すことよりも、ただ小夜子の今までの悪事を赤裸々にして正体を暴きたい気持ちしかない。

だが、本多の思惑は違った。

小夜子には、奪った遺産の半分を支払わせて、この問題は終わりにした方がいいと。

腑に落ちないが、本多の考えに従うことにした朋美。

 

数日後、朋美と本多は小夜子を喫茶店に呼び出して遺産の半分を支払うように要求する。

応じなければ、マスコミにこの件を垂れ流して記者会見を行う、裁判で争う覚悟があると小夜子を脅す。

 

考えさせてくれと言って、事務所に戻った小夜子は柏木に本多と朋美とのやり取りを報告する。

話を聞いて焦る柏木だが、小夜子は心ここにあらずで、次なるターゲットの舟山(中条きよし)とのデートに意気揚々と出かけてしまう。

少し嫉妬する柏木だった。

 

柏木は朋美を大阪の事務所に呼び出す。

そこには小夜子の姿もあった。

顔を合わせた2人はここでも口げんかが勃発。

顔を合わせればケンカが始まる2人だった。

 

柏木は死んだ笹島から、小夜子は遺言公正証書を受け取っていない、だから小夜子は笹島を殺す動機がないという。

笹島は、朋美から小夜子の過去の暴露話を聞いて、どうしても財産を小夜子に譲る遺言を書けなかったらしい。

小夜子は、以前笹島から死にたいと聞いていたので、練炭自殺をしたのではないのかと思うと。

生前、笹島は医師時代たくさんの患者を治療して助けたが、その反面、助けられなかった患者もたくさんいる。

その大勢の患者のことを思うと苦しくて仕方がない、この苦しみから解放されたいと言っていた。

だから自殺じゃないのかと。

 

すると、そこへ本多から朋美に電話が掛かってきた。

笹島を殺した犯人が分かった。

やはり笹島は自殺ではなく他殺だったのだ 。

犯人は笹島の家の通いの家政婦だったと。

家政婦の息子が以前笹島から、病院で助けてもらえなかったことに恨みを抱いて、虎視眈々と笹島を殺す機会を伺っていたのだ。

朋美にとっては寝耳に水だが、これで笹島を小夜子が殺したわけでもなく、自殺でもなかったことが明らかになった。

 

東京の事務所に戻ると、香港出張から帰っていた司郎(長谷川晴朝)が事務所で朋美を待っていた。

2人は話し合って別れることで合意。

司郎は指輪を置いて愛人の元へ行ってしまった。

 

小夜子は舟山から、資産は会社と息子のものだが、あなたのことを不自由にはさせないぐらいのお金は持っているから、安心して結婚してくれと言われて有頂天になる。

 

司郎に出ていかれて落ち込む朋美は、本多に会いたくなり飲みに誘うが、今は2人で合わない方がいいと言われて、ガッカリして1人でホテルのバーに飲みに行く。

柏木はホテルのバーで待ち合わせていた博司(葉山奨之)と落ち合う。

博司が探偵もどきの仕事をした報酬を受け取りに来たのである。

博は小夜子が自分の姉ではなく母親だと知っていたと柏木に告白し、受け取ったカネを持ってさっさと帰ってしまう。

 

博司が帰った後、柏木が1人残されたホテルのバーに、朋美が偶然飲みに来た。

朋美の飲みに付き合う柏木。

泣きながらぐでんぐでんになるまで飲む朋美。

酔いつぶれた朋美を抱えてホテルの部屋に向かう柏木。

朋美の誘いを断ったが、気になってホテルに行った本多が見たものは、酔いつぶれて意識のない朋美を抱きかかえてエレベーターに乗り込む柏木だった。

 

小夜子も舟山に誘われるまま、 2人でホテルの部屋へ入って行くのであった。

 

おお、そうきたか~。物語は意外な展開を見せてきた。

なんだか面白くなってきたぞ。

 

チェインストーリー 7.5話

今回のチェインストーリーは、柏木をめぐる女同士の熾烈なバトルだ。

店で繭美(篠田麻里子)のヘルプについた若いホステスの理紗(池上紗理依)は、繭美の客の柏木を寝取ってしまう。

繭美の問い詰めにしらばくれていた理沙だが、開き直って柏木との関係を認める。

激昂した繭美は理沙を責めるが、口では負けていない理沙は言い返し、激しバトルへと発展する。