「後妻業」ドラマ第6話 柏木に弱みを握られた本多危うし あらすじネタバレ感想 2月26日放送

後妻業6話

後妻業 第5話までのあらすじとネタバレ

本多(伊原剛志)に追い込まれて焦りを見せた、後妻業の元締め柏木(高橋克典)は、こうなったら本多の弱みを握ろうと、小夜子(木村佳乃)の刑務所から出所したばかりで無職の息子・博司(葉山奨之)を東京にの朋美の事務所近くで張り込ませ、本多と朋美(木村多江)の周辺を探らせるのであった。

 

小夜子は、3番目のターゲットで重度の認知症の幹夫(佐藤蛾次郎)から遺言証書を書いてもらう件はひとまず置いておいて、柏木から紹介された新たなる4番目のターゲットである、元開業医で資産家の独居老人・笹島雅樹(麿赤兒・まろあかじ)に接触するのであった。

 

その頃偶然、朋美の姉尚子(濱田マリ)から、笹山の邸宅のリフォームの設計を依頼された朋美は、笹山が小夜子の狙っている次なる獲物だとは知らずに会いに行く。

過去に小夜子が働いていた神戸・福原のソープ店の社長から聞き込みをした本多は、小夜子に子どもがいること、柏木が小夜子の借金を用立てたのではないかと思わずにはいられないのであった。

 

朋美の事実婚の夫司郎(長谷川朝晴)とスタッフの絵美里(田中道子)が不倫していることを知った朋美は、2人に激しく事実を突きつける。

開き直った絵美里と言い合いになった朋美は、酷く落ち込んで、悲しみのあまり本多にすがってしまう。

そして、とうとう2人は一晩を共にするのであった。

 

ホテルの前に2人でいるところを、こっそりと博司に写真を撮られた2人。

写真はあっという間に、博司から柏木に送信されて、本多は柏木に弱みを握られるのであった。

これまでが第5話までのあらすじだ。

 

「後妻業」ドラマ 第1話 メガトン級にヤバイドラマ あらすじネタバレ感想 1月22日放送
恋愛、結婚、再婚。 男と女の出会いにはいろんなパターンがある。 結婚する男女全員が、ただ相手を好きなだけで一緒になるわけではない。 確たる目的意識を持って結婚相手を探す人もいる。 そう、相手に愛はないけどお金のためなら結婚できる...
「後妻業」ドラマ 第2話 木村佳乃の関西弁がアカン?あらすじネタバレ感想 1月29日放送
後妻業 第1話のあらすじとネタバレ ドラマ「後妻業」の第1話で、元教師で小金持ちの老人中瀬耕造(泉谷しげる)を惑わせ、無事結婚をした小夜子(木村佳乃)。 結婚後は着かず離れずの通い婚、適度に距離を置きながら、心にもない愛情表現で...
「後妻業」ドラマ 第3話 次のターゲットは認知症の孤独な金持ち老人 あらすじネタバレ感想 2月5日 放送
後妻業 第2話までのあらすじとネタバレ 小夜子の夫の耕造(泉谷しげる)が急死して、思惑どおり多額の遺産を手にした小夜子(木村佳乃)と、後妻業の元締めで不気味なオトコ柏木(高橋克典)。 遺産をまんまとせしめた後妻の小夜子に対して、...
「後妻業」ドラマ第4話 小夜子の弟登場!クズな弟の正体とは? あらすじネタバレ感想 2月12日放送
後妻業 第3話までのあらすじとネタバレ 急死した耕造(泉谷しげる)の葬儀が済むや否や、早速柏木亨(高橋克典)が見つけてきた次なる案件の大手外食チェーンうどん店の会長 富樫幹夫(佐藤蛾次郎)をターゲットにするために、小夜子(木村佳乃)が...
「後妻業」ドラマ第5話 小夜子の次なるターゲットは元開業医の資産家 あらすじネタバレ感想 2月19日放送
後妻業 第4話までのあらすじとネタバレ 小夜子(木村佳乃)は3番目の夫の中瀬耕造(泉谷しげる)を亡くし、喪が明けないうちから次なるターゲットで、これまた資産家の大手外食チェーン・うどん店の会長 富樫幹夫(佐藤蛾次郎)にすり寄るが、...

さあ、次の6話にこうご期待!

 

 

後妻業 放送日

放送:フジテレビ 毎週火曜日 夜9時~

原作:黒川博行

脚本:関 えり香

音楽:真鍋昭大

主題歌:宮本浩次「冬の花」

制作:カンテレ 共テレ 

 

 

後妻業 第6話あらすじ

一夜を本多と共にした朋美は、朝になって「昨夜のことは忘れよう」と本多に告げる。

本多は少し名残惜しそうに、「そうやなあ」と同意する。

 

小夜子は笹島に遺産を私に残して欲しいと、小夜子の方から笹島にプロポーズをする。

さっさと話を進めてしまいたい小夜子。

全財産を受け取りたい小夜子に対して、笹島は、子どもや孫ともめないためにも、あなたに全額渡すわけにはいかない、いろいろ考えたいのでもう少し待ってくれという。

小夜子は全額受け取れないことに不満げだが、笹島がそういうのなら仕方がないとあきらめる方向に。

 

一夜を本多と過ごした朋美は、事務所に朝帰りする。

そこには心配して朋美の帰りを待つ司郎の姿があった。

朋美は、ビジネスホテルに1人で泊まったとウソをついた。

 

遺言公正証書にサインすることを決意した笹島の元へ、小夜子は司法書士の新井と共に向かう。

その後ろには後をつける本多の姿があった。

本多は笹島の家の前にいる2人の写真を隠し撮りする。

笹島の邸宅で無事に遺言公正証書の手続きが済み新井が帰った後、笹島は深刻な顔をして、小夜子と結婚するにあたって聞いてほしい話があるという。

そこでこのシーンは終わっている。

聞いてほしい話とは一体なんだったのか?

本多の事務所に調査の報告を聞きに向かう朋美。

本多から小夜子のターゲットが、リフォームのクライアントの笹島だと聞かされて驚きを隠せない朋美。

そんな小夜子を絶対に許せないと、また認知症の幹夫の時と同じように、笹島と小夜子の結婚を阻止するべく、笹島に会いに行く。

小夜子は自分の死んだ父親の内縁の妻だったことなど、小夜子の過去を笹島に暴露する朋美。

小夜子の手元には、新井から届いた笹島雅樹の遺言公正証書がある。

後は役所に提出しに行けば手続きは完了するのだが、朋美の邪魔が入って行くことができない。

小夜子の部屋に朋美がたこ焼きを持って訪ねてきた。

笹島の話があるということでやってきた朋美は、小夜子に笹島にあなたの過去を洗いざらいぶちまけたと言うが、朋美と本多の浮気の現場を押さえた写真を盾に思いっきり小夜子から反撃されてしまう。

怒った朋美は、それならこっちも法的手段を考えると捨て台詞を吐いて小夜子の部屋を後にする。

徹底的にやりあうつもりだ。

 

すぐに小夜子は笹島に電話をかけて、朋美の言ってることはすべて嘘だと、自分の都合の良いことを並べ立て笹島から信頼を取り戻す。

 

朋美の方はというと、内縁の夫司郎とスタッフの絵美里が2人で香港出張に行っことを知ってショックを受ける。

救いようのない司郎だ。

2人の香港行きに触発されたのか、朋美はなにか吹っ切れたようだ。

 

朋美は後妻業の黒幕・柏木の事務所に向かい、小夜子と柏木が後妻業で組み老人を殺したことを知っていると伝える。

シラを切る柏木に、今までの殺人を小夜子の単独犯にして、自分と組まないかと提案する。

 

小夜子は柏木から、広大な土地と賃貸マンションを所有する資産家のイケメン老人の舟山(中条きよし)を紹介される。

今までのタイプとは違うターゲットの舟山は、こんなに若くて美人が結婚相談所にいるなんておかしい。

ひょっとしてあなた、単なる結婚相談所の会員ではないのでは?と小夜子を疑いの眼で見つめる。

舟山の突然の言葉にうろたえる小夜子だった。

だがすぐに舟山は小夜子に失礼なことを言って申し訳なかったと紳士的にふるまい、2人の出会いに乾杯する。

 

しかし事態は一変する。

その頃、笹島は自宅で死んでいた。

小夜子が殺したのか?

それとも、突然死か?

 

今回のチェインストーリー6.5話

チェインストーリー6.5話は司郎と絵美里が登場する。

すっかり司郎を手に入れたと思っている絵美里だが、なんだか浮かない顔の司郎。

司郎は絵美里とは単なる浮気だったのでは?

だが、絵美里は朋美と別れてくれと司郎に離婚を迫る。

そして会社を辞めることになった絵美里は、半ば強引に司郎の香港出張について行く。

それも、わざと朋美にばれるように仕組んで。