婚活であなたが求める【普通の男】が圧倒的に少ないと感じる誤解と思い込みとは

 

man

30歳ぐらいになると周りの友人たちが次々と結婚して、今まさに出産ラッシュっていう人も多いでしょうね。

友人たちみたいに家庭を持ちたくても、恋人すらいない自分は、30歳になって婚活サイトに登録した。

1年ぐらい婚活して20人ぐらいの男性と会ってみたけど、結婚したいと思える人には出会えなかった。

知人の紹介で会ったり、婚活パーティーに行ってみるなど、あらゆる方法で婚活を繰り返すものの、意中の男性に出会うことが叶わず、婚活疲れを起こして落ち込んでしまった。

 

そんな女性、多いよね。

そんな女性たちのために、心療内科で婚活疲労外来というものまである。

婚活に疲れた女性たちのメンタルをサポートしてくれるらしい。

 

なんで、友達は結婚してるのに、私はできないんだろう?

高望みなんてしてない、普通の男性でいいのに。

もはや、普通の男性が高望みなのか?

婚活で気持ちが悪いと思う男と結婚できるのか?一緒に暮らせば慣れる?
婚活で出会った男性の条件が、あなたにドンピシャなドストライクな好条件なのに、どうしても彼の見てくれや行動に気持ち悪さを覚える、いわゆる「キモい男」(気持ち悪い男性)だったらどうすればいいのでしょうか? 彼と話しているとフィーリングが合...

婚活で普通の男性と出会えたためしがない

wedding

婚活サイト(婚活マッチングアプリ)には結婚をしたいという気持ちを持った男女が集まっているはずなのに、なぜ結婚相手を見つけることができないのか?

婚活サイトは多いところで、数百万人規模の会員を抱えているところもあるのに。

 

婚活サイトには、結婚適齢期の20代半ばから30代後半の男女の数が、ダントツして多いのが特徴だ。

だから、普通で考えたら出会えないはずがないのだけどね。

 

婚活市場には、確かにかなり変わった男性がたくさんいる。

「そんなことない、○○結婚相談所は健全だからちゃんとした男性がいる」

「○○婚活サイトは安全だから変な男性がいない」

なんてことをいう人がいるけど、そんなことは妄想で

「ちゃんとした男性」とか「変な男性」だと感じる部分は、受け止める女性によって感じ方がそれぞれ異なるでしょう。

だから○○結婚相談所に行けば、必ずちゃんとした男性と出会えるなんてことはない、絶対に変な人もいる。

 

普通ってなに?普通の基準は?

book

私は普通の男性と出会いたいだけなのに、出会えないんです。

普通でいいんです。普通がいいの。普通が一番。ふつうが・・・

という女性がいるけど、そもそも、「普通の男性」の基準ってなに?

普通の人がいいです

普通の男の人ならいいです

普通の男がいない

普通普通ってよくいうけど、普通の男ってどんな男?

 

普通の意味とは

ふ‐つう【普通】

特に変わっていないこと。

ごくありふれたものであること。それがあたりまえであること。また、そのさま。

「今回は普通以上の出来だ」「普通の勤め人」「朝は六時に起きるのが普通だ」「目つきが普通でない」

goo 国語辞書より引用

 

あなたが望む相手は、ありふれた、どこにでもいる普通の男性ってことだよね。

あらためて考えてみると、婚活のフィールドには普通の男性しかいないじゃない。

 

それをいうなら「ろくな男しかいない」となるのでは?

意味を調べてみたよ。

【ろく】

正常なこと。まともなこと。満足できる状態であること。また、そのさま。まとも。

「―な品物がない」「―に休みもとれない」

goo 国語辞書より

 

そういうことで、婚活市場には普通の男性が多いのだけど、短所が多い人、見てくれの悪い人や悪条件の人を除外する理想の狭さから、普通の人はいないと感じてしまうのではないのだろうか。

 

はたから見ると、あなたは「普通の男性」を希望しているつもりでも、自分のことを棚に上げて、相手のスペックや条件に対して「高望み」をしていと思われるのかもね。

 

婚活市場にろくな男がいないと思う要因

男性

条件はすべて整っている、まさに私が望む条件のほとんどを兼ね備えている男性がいたとして、

あとは

  • 見た目
  • 性格
  • 行動

が合致すればいうことなし。

 

やっと「普通の男性」を見つけたと思ったら条件は満たされても、その裏がヤバかったということもある。

  • 暴力的
  • 信仰宗教
  • 総入れ歯
  • 若ハゲ
  • 結婚後即同居必須
  • ギャンブル狂
  • 家より高い外車が趣味
  • 借金癖
  • 前科あり
  • 背中にヤバい落書きあり

このような男性に当たると受け入れられないよね。

どんなにスペックが良くても、泣く泣くあきらめざるを得ないことだってあるのだ。

 

私が出会って経験したろくでもないマジでありえないぶっ壊れた男の話

車

話せば長くなるので箇条書きにしてみた。

普通の男じゃないというのは、こんな人たちのことだ。

つき合うかどうかの返事を聞くまで車から降ろさないといわれて、助手席側のドアが開かないように(車から降りられないように)、ピッタリと壁にくっつけて停車させた。

いくら「仲人さんにお返事は伝えますから」といっても、今すぐ答えてほしいの一点張り。

全身凍りついた。

「ははは、冗談だから」と言って、10分ほどで解放してくれたけど、恐ろしくて血の気が引いた。

犯罪スレスレじゃないの。

2度と会いたくない。

運転中会話もあまりせず、2時間ほどずっと歌を歌っていた。 下手なクセに歌わないでくださいとも言えず、頭痛がした。
お見合いしてお断りした男性とのお見合い話が、4年後またきた。
僕、タバコやめました。とプロフィールに書いてあったのに、ふたを開けたら1日4箱も吸いやがるチェーンスモーカー野郎だった。
顔とスタイルはモデル並みの男性。

最初に見たときに、マジで?ウソでしょう。芸能人みたいないい男だったのに、つきあってみると、超絶頭が悪い。

新聞読まないニュース見ない、漢字読めない、世間の常識を知らなさすぎて話していてもつまらない。

顔が良くてもこれじゃあ女性に愛想尽かれるよ。

時事ネタを振っても反応が乏しい、一般的な常識が通じないから一緒にいると非常に疲れる。

人間、顔よりも中身だなと痛感した。

もうちろん、全員お断りです。

毎回毎回こんなろくでもない男たちに出会って、どうして普通の男性と出会えないのかと悩みに悩みぬいた時期もあった。

婚活で、ケチ過ぎる男、年齢を若くいってる年齢詐称男とか、面白みがない男とかいろんな男性と遭遇したけど、上記の男性たちはインパクトが大きすぎて、10年以上経った今でもフッと思い出して、イヤな気持ちが蘇ってくる。

 

まとめ

みんなが普通(に見える)の男性と結婚しているのに、なぜ私はできないの?と悩んでも仕方がない。

みんな、口に出して言わないだけで、意外と普通な男性じゃないかもしれないでしょう。

結婚してみてわかったことも、いっぱいあるでしょうし。

 

女性を泣かせる、わがままで自己中心なろくな男じゃなければいいんじゃないのかな?

相手のいいところを見て、この人ならついていける、この人と一緒に生活したら楽しいだろうなと思える男性を見つけようよ。

100%あなたの希望を満たす男性なんてこの世には存在しないから、ある程度は妥協も必要だ。

正解は結婚してみないとわからないから。

普通の男性を探すよりも、もっと大事なことは「ろくな男」を選ばないことだ。

コメント