アラフォー女性の妥協しすぎ結婚は破綻するのが目に見える その結婚ちょっと待った!

結婚式

「高望みばかりしていないで、少しは妥協したら」

「妥協して結婚すると、後悔するよ」

なんてよくいうけど、一体どっちなんだよ?!

まあ、どちらも正解でしょうね。

 

生活圏内で出会いがあるのは、せいぜい20代のうちまで。

あまり妥協せずとも、自分の理想の相手と結ばれる可能性が高いね。

 

30歳を過ぎても、まだまだ大丈夫と思っていたのに、周囲を見渡すと結婚できそうな相手はすでに、誰かと結婚してしまった。

35歳を過ぎると、ますます状況が過酷になり、結婚の対象となる相手がほとんどいなくなり絶望的になる。

結婚する意志があるのに、35歳オーバーで結婚していない人は大体このパターンだね。

自分はまだイケるという、根拠のない謎の確信があったのでしょうか。

 

そこで初めて婚活に開眼しスタートさせてみるけど、なかなか結婚相手にめぐり会うことができない。

私の前を白馬に乗った王子様が素通りする。

気づいたら誰とも出会えないまま40代に突入してしまった。

40歳になっても大丈夫、科学の力を借りて赤ちゃんを授けてもらうからと、結婚して出産する気満々の、諦めきれないポジティブな女性もいるけど、ムリがある。

 

多くのアラフォー40代女性は、年を重ねるほどに、婚活市場における自分の立場が下降しているのを認識している。

選ぶ立場にない自分は選んでもらえるだけありがたいと。

謙虚だね、まったく。

でもそれって妥協するということ?

アラフォーの結婚は妥協が必要だけど

40代アラフォー女性は、この年になると結婚がどれだけ厳しいか認識しているので、出会いがあればこの機会を逃したら次はないかもしれないと怯える日々だ。

 

自分が相手に対して条件を細かくいえる立場でないと、相手への条件をかなり妥協して結婚しようとする女性もいる。

ちょっと待った!

それはそれで、謙虚でいいのだけど、結婚に妥協はつきものだし、ある程度は妥協も必要だけど、40代だからってそこまで自分の価値を下げる必要はないのだ。

妥協できる点とできない点を今ここでしっかりと決めておかないと、後々メンドクサイことになるよ。

40代女性が婚活デート1回目でピンとこない相手に見切りをつける前に考えてほしいこと
40代女性が婚活デートの1回目でイマイチな男性に見切りをつけるという判断は慎重になるべき。なぜならそう簡単に紹介される相手がいないから。生理的に無理などの理由がなければ最低でも2~3回は相手に会ってみて決めてもよいのではないでしょうか。

妥協するとこの先超絶後悔することとは

相手の性格

キャンドル

性格はほとんどが持って生まれたものだから、根本的に性格は死ぬまで変わらない。

世の中いろんな性格の人がいるけど、なんといっても一緒にいて辛いのは、短気で怒りっぽい人、口より先に手が出る男性。

怒りの導火線にすぐ火が着く、怒りの沸点が低い男性と一緒にいると苦労するよ。

 

私の父親がそんな人だったから、私たち姉弟はよく叩かれたっけ。

些細なことですぐ怒る。

運転中に怒って、家族を乗せた車を電信柱に意図的にぶつけたこともある。

愚かなおっさんだよ。

だから私は、気に入らないことがあったらすぐに怒る、気の短いDV男が大っ嫌い。

 

だいたい、そんな男は俺様気質で、モラハラ男が多いのだ。

普段から怒鳴られたり顔色を見てビクビク暮らすなんて、不幸になるために結婚したようなものだよ。

 

価値観が違いすぎる

結婚生活を生涯平穏無事に送ろうと思ったら、価値観が合う人と一緒になることだ。

価値観の差があると、なにかある度に口論やケンカになったりすることもある。

 

金銭感覚

それと、金銭感覚も大事だよ。

なんでもかんでも値段を見ないで買う人いるけど、よくあんな恐ろしいことするよね。

大金持ちのセレブなら理解できるけど、普通のサラリーマンがよくそんな太っ腹なことできるなあ。

 

あと、借金まみれの男も除外だね。

サラ金会社が自分の財布感覚の男は、なにかにつけてすぐにキャッシングしようとする、結果借金まみれ。

夫婦で地獄dあよ。

金銭感覚の合わない男性との生活は、遠くない将来破綻して離婚だよ。

 

相手の実家

相手の親が新興宗教の熱心な信者だったり、キツイ小姑、やっかいな親戚がいても、身内になるのでつき合いを避けるわけにはいかない。

宗教を信仰するのは自由なので、とやかく言うことではないけど、強制的に巻き込まれないようにフォローしてくれる夫じゃなきゃダメだね。

 

夫が義両親とあなたの間に入って気遣いをしてくれるような人なら上手くやっていけるはず。

自分の親も大切だけど、真っ先に妻を大切にする人ならきっと上手くいくよ。

 

これらのことは絶対に譲れない、妥協してはいけないことだ。

これらを妥協して結婚したら、心身ともに疲弊する日々が待ち受けてる。

いつかその結婚は破局を迎えるでしょうね。

 

このなかでとくに大事なことは、価値観の合う相手との結婚だ。

 

じゃあ何を妥協すればいいの?

容姿 

バラの花

タイプじゃない、むしろ嫌いな顔だったとしても、顔は、よほどのことがない限り見慣れる。

ブスは3日見たら慣れるっていうでしょう。

 

家事能力 

家事をやる気がある男性だけど、家事はまったくできないというなら、少しずつ教えてあげよう。

 

住む家の場所

相手の実家の近くとか、やむを得ず騒音が激しい国道沿いに住むことになっても、いつかお金を貯めて引っ越すまで我慢してみない?

 

収入 

相手の収入がどれだけあるか把握しておくことも大切よ。

生活を維持するためには、お金がなくちゃはじまらないでしょう。

よく、夫が毎月どれだけ給料をもらっているかわからないって奥さんがいるけど、なんで?

たとえ、生活費をしっかりもらっていたって、旦那の年収を知らない、旦那が教えないなんて変な話だよね。

 

夫になる人が低収入でもいいじゃない。

あなたも一緒に戦力になって2馬力で稼ごう。

夫になる人が今現在高収入で安定していても、先のことはどうなるかわからないからね。

リストラ、倒産、病気、怪我などさまざまな事情で、いつ収入が途絶えるかわからないでしょう。

なにが起きてもある程度カバーできるように、妻も働くのだ。

 

まとめ

「妥協して結婚すると後悔するよ」と言われたり、「妥協しないと結婚できないよ」と言われることは、その時の年齢や環境によって変わると思う。

自分はどこまで、相手に妥協できるかがポイントだけど、結婚前からなんとなくこの人との結婚生活は無理な予感がすると思う相手とは、結婚しない方がいいね。

女の直感は結構当たるものだよ。

コメント