婚活をアラサー20代で始めてハッピーブライドになるために知っておく4つのこと

驚く女性

私は自然な出会いしか受けつけないの。

ネット婚活やお見合いパーティーなど利用せずに自然な出会いを待っているけど、なかなか白馬に乗った普通のサラリーマンは目の前にやってこないわ~。

ずっと待っているうちに、いつの間にか20代後半のアラサーになってしまった。

 

もう、白馬に乗った普通のサラリーマンを待つのはイヤ。

そっちが来ないのなら私の方から行ってやるわ。

正直、私より年下で結婚して幸せをつかんだ後輩を見てるとむかつくあせる。

 

自然な出会いを待っていたら、そのうちおばあさんなってしまうわ。

そうなる前に、婚活始めようと思ってるんだけど、こんな私でも婚活できるのかしら。

そうそう、その鼻息が荒いうちに婚活のスタートを切ってアクションを起こせば、きっと良い男性にめぐりあえるよ。

婚活を始めないと、結婚につながる出会いはなかなかないもの。

正直いって、20代アラサーでの自然な出会いは難しい。

結婚はいつかできるの考えはヤバすぎる

老婆

老いは突然やってくるわけではないよね。

朝目覚めたらおでこに深い皺が1本入っていた、頭が白髪で真っ白け!なんて浦島太郎みたいなことはないはず。

おでこに深い皺が入っていたとしたら、それはおそらく、まくらの寝ぐせがついただけにすぎない。

 

私は若いと思っていても、確実に誰にでもじわじわとやってくるのが老い。

これだけは、地球に住まう人類全員平等なのだ。

むろん、年を重ねることは悪いことばかりではないはず。

年を重ねることで経験値が高くなり、覚えたこともたくさんある、悟ることもある、年を重ねたことで人間味がでてきた人もいる。

なーんて、きれいごと言ってても、やはり加齢に対して抵抗感も持ってしまうという人もいるはずだ。

とくに女性は男性に比べて、老いることでの容姿の変化や、肉体の衰えを敏感に感じる傾向にあるね。

 

テレビで年配の女優さんの、若かりし頃を映した映像を見て

「若い頃あんなにキレイだったのに、年取って変貌を遂げたなあ」と客観的に見ることができるのは若い今のうち。

あなたも私も、生きている以上は皆いつか行く道だよ。

 

「私は独身主義者」

「結婚なんてしないよ」

「結婚は人生の墓場じゃん」

っていってる人じゃない限り、

まだ結婚するのは早いと言ってる人

いつかそのうち自然に待っていれば結婚できると思っている人

現在、相手はいないけどいずれは結婚する予定である人

こういう人たちは早めに婚活するべきだね。

 

まだ婚活に余裕を感じるアラサーのうちに行動して、ささっと結婚してしまう方がいいと思うよ。

 

年をとればとるほど、婚活のキビシい現実を垣間見ることになり、将来はこんな相手と結婚したいと思い描いている夢が、段々実現不可能になり、結婚へ前向きに動くことが億劫になる。

 

結婚には勢いも必要。

若くて勢いのあるうちに、婚活への意気込みを加速させて行動することをおススメするよ。

 

男性ほどわかりやすい生き物はいない

男性

女性のことをこれほど惨めな気持ちにさせる男ほど残酷な生き物はいないと感じることがある。

婚活パーティーで20代の女性と30代の女性がいたら、間違いなく20代の女性の周りに男性が集まるのはご存じよね。

 

下手すると30代の女性と口をきこうともしないの。

ほんと、呆れる程わかりやすいし、幼稚だわ。

 

以前、男女20対20の婚活パーティーに20代の女性が1人だけいて、あとは30代の女性ばかりのパーティーがあったのよ。

すると、20代の女性が19人の男性に申し込まれたんだよ。

 

20代の女性には帰っていただきたいわね。

20代がいただけで、もうすでに負け戦(まけいくさ)だとわかっている。

最初から戦わずして、この勝負の勝ち負けが決まってるじゃないの。

 

男性は、女性の年齢を聞いてから動くのだ。

もうこれは、オスの本能だろうね。

相手の女性の年齢が低い程テンションアップ、若い女性に本当にチヤホヤする。

アプローチもハンパなくする。

 

こんな惨めな気持ちになるならパーティーなんか行かなきゃ良かったと後悔する30代。

20代、30代の混合パーティーでは、いかに婚活で若さが重要か思い知らされるね。

 

まあ、婚活パーティーで相手の男性が医者とわかった途端、フリータイムで医師の前にわらわらと女性が集まってくるから、女性もわかりやすいかな。

 

男性=高収入
女性=若さ

 

婚活でモテるのはこの要素をもった人たちだということがよくわかるね。

 

ときめきはないけど、好きで仲良く生活できる相手がいい

bride

結婚したい!と思って焦って婚活を始めるとタイトな婚活に身を置くことになる。

それなら、20代前半またはアラサー年齢で婚活を始めて、心に余裕をもってゆるく婚活をしながら相手の本質を見極めて、自分に合った相手を探せばイイのではないのだろうか。

 

結婚に焦って相手の本質をあまり理解しないまま、高収入などの条件に惹かれて一緒になっても、結婚生活で苦労したり価値観の違いから、おたがい離れざるをえないという悲しい結末になることもあるのだ。

 

アラサー女性は、私はまだ若いからそのうち男性に告白されて相思相愛、好きな人とときめく恋愛を経て結婚するんだという、夢見る夢子ちゃんもいるかもしれないけど、結婚は一生、ときめきは一瞬だよ。

 

結婚相談所やネット婚活で、ドキドキするようなときめく相手に出会うことはあまりないでしょう。

そんな気持ちになれる相手に出会うのは、学生の時分か社会人になって最初の頃までかな。

 

結婚は数十年にもおよぶ長い時を一緒に過ごすということ。

  • 話していて楽しい
  • 多少でも恋愛感情を持つことができる
  • 波長が合う
  • 真面目に仕事をする
  • 大切にしてくれる
  • 優しい人
  • 価値観が合う
  • 浮気をしない
  • ギャンブルしない
  • 借金しない
  • DV体質でない

こんな男性なら、結婚相手としてOKではないでしょうか?

 

燃えるような情熱もときめきもないけど、じわじわと幸せを感じる結婚が長続きするのではないのかな。

 

アラサー女性の婚活に結婚相談所も悪くない

bride-and-groom

あせって、自分を追い込む婚活をするのなら、婚活を早めに始めて心に余裕をもちましょう。

女性は、年齢が最重要視される婚活。

若ければ若いほど良い相手を見つけることができるから、将来結婚を視野に入れている女性は、のんびりしていたら結婚が遠のくかもと早くから危機感をもって、早めに婚活を始めましょう。

 

自分は若いつもりでいても、30歳を過ぎたあたりから急に申し込みが激減するのが婚活の実態。

婚活をローコスト・ハイリターンで済ませられるのは若いうちだけなのだ。

 

まとめ

婚活するなら若いうちがモテ期。

若いうちは相手を選べる立場だけど、そのうち、あっという間に選んでもらう立場にまわるものよ。

結婚相談所は、男女ともに本気で相手を探している人ばかりなので、集中して行動すれば、短期間で成婚へと向かうことができる可能性が高いね。

 

婚活は行動しないと出会いがない、誰も相手を連れてきてくれないのだ。

結婚相談所、婚活アプリ、合コン、友人の紹介など利用できるものはなんでも利用して、自分から良い縁を引き寄せられるように頑張りましょうね。

婚活を早く成功させる方法の選択肢の1つに 20代で結婚相談所に行くということ
あなたがまだ20代なら自分の理想の相手を見つけることができるかもしれない結婚相談所に行く方ほうが、早い段階で結婚相手と出会えるよ。ただし、いくら20代だからってえり好みばかりしていると、なかなか出会えなくてあっという間に30代に突入よ。

コメント