40代女性が一回り年下の男性と結婚するテクニック4選|スペックなんて気にしてられない

抹茶40代女性の結婚相手探しは「地獄」なんて言葉をよく聞くけど本当なんだろうか。

40代というと、婚活で年齢的にキビシいのはわかる。

 

女性の年齢価値を男性の年収に置き換えると、どれだけキビシイかよくおわかりいただけるだろう。

女の年齢  男の年収
16歳  1200万円  
18歳  1100万円  
20歳  1000万円  
22歳   900万円    
24歳   800万円    
26歳   700万円    
28歳   600万円     
30歳   500万円    
32歳   400万円    
34歳   300万円    
36歳   200万円    
38歳   100万円    
40歳     0万円  

40歳=0万円

といわれているとおり、40代には価値がないらしい。

酷いこというなあ。

誰がそんなこと決めたんだよ。

 

だけど40代女性がみんなこぞって婚活がキビシイわけではない。

当たり前だが、条件を高く掲げているから苦しい婚活、地獄のスパイラルから抜け出せないのであって、

高望みさえしなければ、40歳になっても50歳になっても幸せな結婚はできる。

 

私は実年齢よりも10歳以上若く見られる、周りから美人だといわれるから一回り以上年下の相手を探したい。

婚活のフィールドには、こんな無茶振りする40代女性もいるのですよ。

こういう人が婚活地獄から、なかなか這い上がってこれないのだ。

 

なにも若い相手を見つけたいのは男性だけではないのよね。

そりゃあ、男でも女でも若い方がいいに決まってる。

 

今回は、ただでさえ40代の婚活は難しいのに、無謀にも一回り以上若い男性との結婚を希望する40代女性のために、どうすれば結婚できるのか考えてみた。

婚活アプリなどの婚活サービスを利用して、相手を探すことを前提でお話しします。

 

 

収入を増やして専業主夫を求める

サクラ30代の男性が一回り年上のあなたと結婚するメリットは、

そう、ズバリお金でしょう。

 

若い女性が高収入や資産家なら、年の大きく離れた男性と結婚してもいいというのと同じね。

間違っても40代女性が、30代の男性相手に専業主婦希望なんていうのはダメよ。

というか無理でしょう。

 

相手が無職かフリーターでも、あなたが養ってあげる覚悟で、家事を一切担う専業主夫になってもらう。

婚活サイトなどを除いてみると、専業主夫になりたいという男性がちらほらいるのよね。

 

あなたが外で一生懸命稼いで、旦那に家を守ってもらって支えてもらう。

漫才師の内海佳子師匠(90)の24歳年下のご主人成田常也氏のようにね。

 

 

多少の浮気は目をつぶる覚悟がある

かさあなたが若く見えて、一回り年下の男性とお似合いのカップルだったとしても、男性は若い子に目が行くかもしれない。

基本的に男性は若い女性を好きな生き物だからね。

もしも年下の夫に浮気をされても、多少の我慢ができる覚悟を持つことね。

いやだけどね。

 

浮気されるなんてことがあれば心情穏やかではないでしょうけど、24時間夫を監視するわけには行かないからね。

一歩外に出たら、なにやってるかわからないよ。

 

日本人の5人に1人が浮気してるって知ってた?

浮気する人は病気だからね、何回でも繰り返すよ。

浮気なんかする奴はどこかの国みたいに、百叩きの刑にしてやったらいいんだよ。

 

浮気防止のためにも、女性としての魅力と若さをずっと保ち続けて、いつまでも女性として見てもらえるように女みがきを怠らないことね。

 

 

年齢を明かさなくてもOKな婚活パーティーに行く

チョコ40代女性が結婚相談所に行っても、一回り年下の男性を紹介されることは、まずないでしょう。

まれに、ごくごくまれに、落ち着いた40代の女性と結婚したいと希望する30代の男性がいるかもしれないけど、まず会えないでしょう、そんなひと本当に少ないから。

 

相談所で40代のあなたが紹介される男性は、50代~60代以上の初老のおじさんでしょうね。

 

あなたが若さや容姿に自信があるなら、30代の婚活パーティーに参加して実年齢を明かさずに、若い感覚をアピールしてみたらいかがでしょうか。

目ぼしい男性とカップリングしたら、おつき合いして惚れさせたところで年齢をカミングアウトする。

 

あなたに惹かれた男性が年を聞いてどう出るかよね。

年齢を聞いて熱が冷めるか、年なんて関係ないといってくれるかどうか、一つの賭けだね。

 

子どもを望まない男性を探す

晩婚化により40代半ばで初産の女性も増えているけど、現実は40代半ばで初産は正直キツイものがあるでしょう。

 

しかし、40過ぎの女性と結婚する年下男性は、将来的に子どもがいなくてもいいと考えている人でしょう。

子どもが欲しいなら、あえて10歳以上年上を選ばないでしょうし。

 

 

周りからの評価を真に受けてはダメ

女性婚活アプリなどのプロフィール欄によく書かれている

「年齢より若く見られます」のメッセージは、30代後半以上の男女が書いているケースが多いね。

 

若見えすると書けば、少しでも申し込みが増えるかもしれないから、希望を持ってそう書くのでしょう。

でも、実際に若い人は「私若く見えます」なんて書かないもんね。

 

若く見えますね~って言われて怒る女性はあまりいない。

どちらかというと喜ぶ人の方が多いでしょう。

だけど「若く見えますね」はお世辞や社交辞令ということもある。

いや、ほとんど社交辞令でしょう。

相手をいい気分にさせるための常套句なのよね。

 

あなたの年齢を聞いた時に、どうリアクションしたらいいのかわからなくて、とりあえず「若く見えますね」と返しておけば、相手も喜んで無難でしょうと。

だから、「若く見える」の言葉を真に受けて行動すると、恥ずかしい思いをすることもあるよ。

とりあえず、中高年にあいさつ代わりにそう言っておけば問題ないってことでしょうから。

 

だから、自分は若く見えるんだから、まだ大丈夫だと安心しない方がいい。

若いっていわれても、実際、写真に写った顔が実年齢相応の顔だったり、フッと顔をかしげたときに現れるあごと首のシワなどで、相手に老いを見せている場合だってあるのだから。

 

まとめ

男性も女性も年を重ねて中高年に差し掛かると、自分にない若さを持っている人が、まぶしく羨ましく思えてくることがある。

40代の女性も、おじさんと結婚するよりも若い男性と結婚する方が楽しいよね。

 

40代女性が一回り年下の男性との結婚もありだけど、20代の女性とだって結婚できる30代の男性が、わざわざ子どもが望めない年上の女性と結婚するということ。

そんな男性はある程度依存体質で、スペックの低い男性かもしれない。

 

そんな男性でも受け入れる気持ちがないと、一回り年下男性との結婚は難しいでしょうね。

男性の親から反対されることもあるかもしれないしね。

出会ってすんなりスムーズに結婚できれば万々歳だけど。

コメント