婚活のやり方 無料からある20代におすすめの婚活方法3選

婚活アプリ 20代の婚活

ハートカップ

え?婚活のやり方がわからないって?

大丈夫、20代の女性が結婚相手を見つける方法は無数にあるから。

ぶっちゃけ、出会いなんてどこに転がっているかわからない。

だけど、待っているだけでは運命の出会いは期待できないもの。

「若いからいくらでも出会いのチャンスがあるよ」

なんていわれるけど、そんな言葉当てにならないし。

どうしたらいいんだろう。

早く結婚相手を見つけたい。

誰かと暖かい家庭を築きたいなあ。

それなら行動を起こすことがベスト。

婚活しましょう。

ここで、無数にある婚活方法の中でも王道といわれる、20代女性にぴったりな3つの婚活のやり方を紹介します。

各婚活方法のメリット・デメリットも正直に書きます。

  1. 婚活パーティーは毎日どこかで必ず行われている
  2. 婚活パーティーのメリット
    1. 参加費用がリーズナブル
    2. 趣味、年収、年齢、価値観で条件設定されたパーティに行くべし
  3. 婚活パーティーのデメリット
    1. 忙しい人や僻地に住む人にはきびしいものがある
    2. 案外見た目と年齢重視なところがある
    3. 当然婚活市場には当然美人やイケメンばかりがいるわけではない
    4. カップリングせずに帰るのがムナシイ
  4. 婚活アプリも大人気 リーズナブルで敷居が低い
  5. 婚活マッチングアプリのメリット
    1. 婚活マッチングアプリの世界でも20代女性は花形である
    2. 婚活マッチングアプリは信頼できる大手の婚活アプリですら、女性は無料で使えるところが多くあるのがメリット
    3. 婚活マッチングアプリは忙しくても、隙間時間を最大限利用して相手探しができる優れもの
    4. 婚活パーティーよりは、結婚の本気度が高い人が集まる婚活マッチングアプリ
  6. 婚活アプリのデメリット
    1. 忙しい人は相手に会うための時間調整がむずかしい
    2. 入会のハードルが低いので遊び目的の人がいることもある
    3. キープにされる可能性もある
    4. プロフィール写真をいくらでも偽れる
    5. メールでは積極的・好感度抜群なのに、会ってみるとイメージが悪すぎる男性もいる
  7. 婚活の王道といえば結婚相談所
  8. 結婚相談所のメリット
    1. 相手の身元がはっきりとわかる、相手の身元にウソ・偽りがない(少ない)
    2. 仲人型はお見合い後3ヶ月で成婚するかどうか判断させられる
    3. 結婚相談所なら成婚料金が発生するところがよい
    4. お見合い後のお断りは仲人を介して伝えてもらえる
    5. 結局仲人型とデーターマッチング型のどっちを選ぶ?
  9. 結婚相談所のデメリット
    1. 結婚相談所のデメリットは、やはりなんといってもその費用の高さにあるでしょう
    2. 結婚相談所は入会までに少し時間がかかる
    3. 結婚相談所では支社以外の場所で相手の写真が観れないところもある
    4. 清い交際をしなくてはいけない
    5. 会える人数に制限があることも
  10. まとめ
  11. 婚活パーティーは毎日どこかで必ず行われている
  12. 婚活パーティーのメリット
    1. 参加費用がリーズナブル
    2. 趣味、年収、年齢、価値観で条件設定されたパーティに行くべし
  13. 婚活パーティーのデメリット
    1. 忙しい人や僻地に住む人にはきびしいものがある
    2. 案外見た目と年齢重視なところがある
    3. 当然婚活市場には当然美人やイケメンばかりがいるわけではない
    4. カップリングせずに帰るのがムナシイ
  14. 婚活アプリも大人気 リーズナブルで敷居が低い
  15. 婚活マッチングアプリのメリット
    1. 婚活マッチングアプリの世界でも20代女性は花形である
    2. 婚活マッチングアプリは信頼できる大手の婚活アプリですら、女性は無料で使えるところが多くあるのがメリット
    3. 婚活マッチングアプリは忙しくても、隙間時間を最大限利用して相手探しができる優れもの
    4. 婚活パーティーよりは、結婚の本気度が高い人が集まる婚活マッチングアプリ
  16. 婚活アプリのデメリット
    1. 忙しい人は相手に会うための時間調整がむずかしい
    2. 入会のハードルが低いので遊び目的の人がいることもある
    3. キープにされる可能性もある
    4. プロフィール写真をいくらでも偽れる
    5. メールでは積極的・好感度抜群なのに、会ってみるとイメージが悪すぎる男性もいる
  17. 婚活の王道といえば結婚相談所
  18. 結婚相談所のメリット
    1. 相手の身元がはっきりとわかる、相手の身元にウソ・偽りがない(少ない)
    2. 仲人型はお見合い後3ヶ月で成婚するかどうか判断させられる
    3. 結婚相談所なら成婚料金が発生するところがよい
    4. お見合い後のお断りは仲人を介して伝えてもらえる
    5. 結局仲人型とデーターマッチング型のどっちを選ぶ?
  19. 結婚相談所のデメリット
    1. 結婚相談所のデメリットは、やはりなんといってもその費用の高さにあるでしょう
    2. 結婚相談所は入会までに少し時間がかかる
    3. 結婚相談所では支社以外の場所で相手の写真が観れないところもある
    4. 清い交際をしなくてはいけない
    5. 会える人数に制限があることも
  20. まとめ

婚活パーティーは毎日どこかで必ず行われている

party

婚活パーティー・お見合いパーティーを使った婚活。

20代女性の婚活の第1歩に、気軽に参加できる婚活パーティーを選ぶ人もいる。

なんせ、思い立ったらすぐに参加できるからね。

婚活パーティーのメリット

カクテル

参加費用がリーズナブル

なんといっても婚活パーティーの良いところは、女性の参加費用が安いところにある。

パーティーのタイプにもよるけど女性は無料だったり、500円から参加できるものもあるので、財布の中身を気にすることなく気軽に参加できるのがいいね。

初対面の相手でも楽しくお話しできる人に向いてます。

婚活マッチングアプリや結婚相談所などと違い、1度にたくさんのメンズと出会えて、そのなかから気に入った相手を選べる

カップル成立すれば、そのまま一緒にパーティー会場を後にすることができる。

そのあとは、お茶するなり食事をするなりしてゆっくりとお話ができるね。

これからやってくるクリスマスやお正月を、好きな相手と迎えられるように、今からパーティーに参加して候補者を見つけよう。

趣味、年収、年齢、価値観で条件設定されたパーティに行くべし

婚活パーティーは、「年齢、年収、趣味、ノンスモーカーオンリー、身長175㎝以上の男性オンリー」など条件設定されたものがほとんど。

その中から自分に合ったパーティーをチョイスできる。

たとえば、相手の身長は180㎝あった方がいいとかタバコを吸う人が嫌なら、そういった男性が集まるパーティーに行くといいね。

婚活パーティーのデメリット

僻地

忙しい人や僻地に住む人にはきびしいものがある

婚活パーティーは、通常平日は働く男女に合わせて夕方から始まるパーティーも多く開催される。

土日祝は昼間から開催するところもある。

平日は定時に仕事が終わらない、忙しいビジネスウーマンの参加は不可能でしょう。

婚活パーティーは比較的大きな駅近くで開催されていることが多く、とんでもなく僻地住まいの人は、そこに行き着くまでの時間と交通費が負担になる。

案外見た目と年齢重視なところがある

人間の第一印象は見た目から判断するという人も多いでしょう。

どんなに性格が良い女性でも、性格まで透視できない。

見た目で弾かれる部分もあるという意味では非常に残念です。

ただ、20代女性は婚活市場において若いというだけで、受け入れてもらえることがおおいにあります。

清潔感のある地味過ぎず派手過ぎない髪型服装、笑顔を忘れずにマイナスの印象を相手に与えないことを心掛けましょう。

当然婚活市場には当然美人やイケメンばかりがいるわけではない

美人やイケメンはまれにいることがあるというだけで、ほとんどが普通かそれ以下。

世の中は美人やイケメンばかりが結婚しているわけではないので、その点は安心してほしい。

もう一つ大事なことは、婚活などの出会いの場所には男女問わず既婚者が混じっていることがあるということ

とくに男性既婚者が独身のふりをして混じっていることがあるので、カップリングしたからって喜んではいられない。

ここは、カップリングしても冷静に相手を見極めよう。

カップリングせずに帰るのがムナシイ

自分の経験からいわせてもらうと、カップリングせずに会場を後にする時のむなしさったら、ないわー。

パーティーを開催する会社のやり方にもよるけど、自分が参加したパーティーは、最初にマッチングしたカップルを先に帰していた。

そのあとカップリングしなかった女性たちをエレベーターに乗せ、女性たちがビルを出たのを確認後、残った男性たちを帰らせていた。

ぞろぞろと、あぶれた集団が駅に向かって歩くその姿はなんともシュールな光景だ。

まあ、そのあとあぶれた女性同士飲みに行ったけどね。

婚活アプリも大人気 リーズナブルで敷居が低い

婚活アプリ

恋愛・婚活マッチングアプリって100以上あるって知ってた?

自分も最近知ってビックリ。

いつの間にこんなに増えたんだろう?

たくさんあり過ぎて何をどう使えばいいのか迷うところでしょう。

そんな時は、昔からある婚活マッチングアプリで運営歴の長い、成婚実績の高いところを使うのがベストでしょう。

運営歴の長い婚活アプリなら会員数もそこそこ多く、結婚に前向きな人々が集まっていると考えていいのかもしれません。

婚活マッチングアプリのメリット

ラブユー

婚活マッチングアプリの世界でも20代女性は花形である

20代ってだけでモテモテ、最初はこれでもかというぐらい申し込みがくる。

ただし、ロクにプロフィールも読まず、年齢だけ見て数打ちや当たる戦法で申し込む男性も多いので注意が必要です。

婚活マッチングアプリは信頼できる大手の婚活アプリですら、女性は無料で使えるところが多くあるのがメリット

無料であるがゆえに少し不便なこともあるけど。

たとえば相手の顔写真を見るなら有料会員にならないと見れないとか。

男性から申し込みされても、自分からアプローチするためには、有料会員になるとか。

完全無料でやり取りできる婚活アプリもあるので、自分に合った婚活アプリを見つけましょう。

婚活マッチングアプリは忙しくても、隙間時間を最大限利用して相手探しができる優れもの

それこそスマホさえあれば、通勤途中の電車の中や昼休み、会社の休憩時間や布団の中でも相手探しができるので、時間が取れない人にも向いている。

全国から相手を探せて、趣味が合う人、希望の年収、ハイスペックな相手、親と同居の有無など、自分の希望する条件で探せる。

婚活パーティーよりは、結婚の本気度が高い人が集まる婚活マッチングアプリ

身分証明書をアップロードしないと登録しただけではアプリを使えないので、結婚相手を真剣に探す人が(婚活パーティーに比べて)多いといえるでしょう。

有料でも完全定額なので安心できる

女性は無料から始めて興味をもった相手を見つけたら、有料会員になるのがおススメ。

支払っても毎月3,000円程度の定額制なので、1度居酒屋に行くのを我慢すれば捻出できる料金です。

婚活アプリのデメリット

時間がない女性

忙しい人は相手に会うための時間調整がむずかしい

とはいえ、忙しい忙しいというばかりでは誰とも会うことができないし、前に1歩も進めないので、そこはどうにか時間を作って興味を持った相手と会ってみましょう。

入会のハードルが低いので遊び目的の人がいることもある

婚活パーティーもそうだけど婚活アプリも気軽に利用できる分、結婚する気もないのに遊び半分で利用する彼女持ちや既婚者が利用していることもある。

ホント、図々しいぞ!

つき合ってイザ結婚となったときに、「実は僕既婚者なんだ、子どもも3人いてさあ・・・」と、あとだしジャンケンのように告白するずるい男もいる。

このような相手を好きになってしまったら、結婚するどころか婚期を遠ざけしてしまう恐れがあります。

キープにされる可能性もある

昨日まで毎日メール交換をしていて数回デートもしたのに、いきなりラインをブロックされた。

これはほかに本命を見つけた可能性大。

プロフィール写真をいくらでも偽れる

今の時代は容姿を100倍増し増しに加工できる恐ろしいアプリがある。

写真を加工すると一発でふんわり系美女に変身。

え?これホンマにあんたなん?

何度も何度も実物と写真を見返してしまう。

実際に会うことになることを想定して、加工しすぎるのはやめておこう。

実際に合った時に「アレ?全然違うじゃん」と思われるほうがミジメだもの。

メールでは積極的・好感度抜群なのに、会ってみるとイメージが悪すぎる男性もいる

会ってみるとメールでのイメージと180度違う男性もわりといる。

全然会話が弾まない、すごい根暗。

いつでもどこでも徹底的に割り勘を要求するケチ。

小指の爪だけ異常に長くて不潔。

その小指の爪はなんに使う?

話し方が気持ち悪い。

このように、会ってみると本当にあのメールの男性なの?と思わせるような、がっかり感満載な男性もいる。

というわけで、婚活はまずは会って実物を見ないと始まらないのだ。

婚活の王道といえば結婚相談所

花嫁

婚活の王道といえばやはり結婚相談所でしょう。

結婚相談所は敷居が高そうと思うけど結婚相談所にもいろんなタイプがあって、これもピンキリです。

若い人も利用しやすいように最近では、テレビで好感度の高いCMを流しているね。

結婚相談所は積極的に仲人さんがお世話をしてくれる仲人型と、入会後は基本放置で自分で勝手にやってね的なデーターマッチング型と2つに分かれている。

結婚相談所のメリット

ピンク

相手の身元がはっきりとわかる、相手の身元にウソ・偽りがない(少ない)

結婚相談所は婚活パーティーや婚活アプリに比べて、身分証明書などの提出物が厳しく義務付けられている。

  1. 本人確認書類 (パスポートや運転免許証など)
  2. 独身証明書
  3. 卒業証明書
  4. 在籍証明書
  5. 収入証明書
  6. 戸籍謄本
  7. 公的資格証明書 (医師や弁護士など)
  8. 写真 (3ヶ月以内のカラー写真)

ざっとこれだけある。

すごいなあ。

若い頃の写真を貼りつけてごまかすことができないね。

独身証明書の効力も大きい。

これで婚活で浮気相手探しする不届きな男性を掴まないで済むわけです。

仲人型はお見合い後3ヶ月で成婚するかどうか判断させられる

仲人型結婚相談所のよいところは、ダラダラとつき合いを続けないところ。

3ヶ月も付き合えば、結婚相手にふさわしい相手かどうか判断できるということでしょう。

遠距離交際でたまにしか会えない人たちは、ちょっときびしいかな。

仲人型は早く結婚したい人に向いています。

結婚相談所なら成婚料金が発生するところがよい

成婚料払うのいや。と思われる方ちょっと待ってください!

成婚料が発生する仲人型の相談所は、基本的に会員を放置しないのです。

仲人さんも成婚料発生のために、条件に合う結婚相手探しを頑張ってくれる。

成婚料は高くつくけど(相場は50,000円~)、自分の人生がかかってると思えば安いものかもしれません。

その点、データーマッチング型の仲人が介入しない結婚情報サービスは、成婚料が発生しない分なにもしてくれないから自分で頑張るしかない。

ただ、相手を紹介してくれるだけなのです。

アドバイザーが無料で少しくらいの相談に乗ってくれても、本格的に相談するとなると有料オプションになることもある。

自分で積極的に動いてがんばれる人は、放置型の結婚情報サービスでも十分かも。

お見合い後のお断りは仲人を介して伝えてもらえる

婚活を始めるといろんな男性と会ったり交際をすることになります。

上手くいけばいいけど、すべてが上手くいくとは限らない。

別れもそれなりに経験するでしょう。

そんな時、お断りの連絡を入れるのを心苦しく感じる人もいるでしょう。

仲人型では担当者を介してお断りしてくれるので、心配は無用です。

データーマッチング型は2週間放置すれば自然消滅できる。

そこで相手が終わったことに気づくというわけですね。

結局仲人型とデーターマッチング型のどっちを選ぶ?

手厚いサポートで婚活を進めたい女性は仲人型がいいでしょう。

仲人型は、条件に合った相手を紹介してくれて、仲人(相談員・アドバイザー)が間に入って動いてくれる。

自分で主体的に動ける女性はデータマッチング型が向いている。

データーマッチング型はデーターベース上から、自分の条件に合う男性に自由にアプローチできる。

結婚相談所のデメリット

財布

結婚相談所のデメリットは、やはりなんといってもその費用の高さにあるでしょう

ざっと調べたところ、結婚相談所によってまちまちだけど、7万円台~40万円ぐらいの入会金が必要になります。

相談所によってはそこに、月会費、オプション費用、お見合い料、成婚料などがかかってくるので、トータル的にかなり高額になると考えた方がいいでしょう。

早めに成婚できればいいけど、時間がかかるとこれまた費用が膨大になる。

そのため、婚活アプリと結婚相談所を掛け持ちで婚活している人もいるのです。

結婚相談所は入会までに少し時間がかかる

入会する前にまず面談をする。

書類を揃えてから、一応審査があるのですぐに入会するまでに時間がかかる。

間があくので、ちょっとテンション下がるかも。

結婚相談所では支社以外の場所で相手の写真が観れないところもある

相手の写真を観るために、わざわざ支社に足を運ぶ必要があるので面倒くさい。

(相手のプロフィールや写真を、支社以外で閲覧できる相談所もある)

清い交際をしなくてはいけない

え?清い交際がデメリットですか?

いえいえそんなことないです、女性にとっては安全地帯にいることになるのでね(汗)

大人の関係になることはご法度。

もちろん旅行も行っちゃだめですよ。

見つかったら退会処分になるし成婚料が発生してしまうこともありますからね。

会える人数に制限があることも

選択するプランによって、毎月男性に会える人数が決まっている。

昔は結婚相談所に行く人は、モテない人、結婚に焦っている人といわれていたけど今は違うね。

結婚相談所は、自分の条件に合う相手を探す手っ取り早い場所、同じ目的を持った異性と出会えるので、結婚する気があるのかないのか、まるでわからない相手と付き合うよりも効率がいいのです。

相談所に行くのは恥ずかしくない!

まとめ

昔昔「花の命は結構長い♪」なあーんて歌ってた生命保険会社のCMがあったけど、そんなことはないぞ。

花の命は短いんだよ。

今20代のそこのあなた、結婚したいと思ったらすぐに婚活のスタートを切らないと、30歳になってあっという間に40代に突入するのですよ。

20代なら婚活で勝機あり。

高く売れる時に婚活市場に飛び込む方が絶対に女性は有利。

たとえば、結婚したからといって直ぐに妊娠するとは限らないですよね。

赤ちゃんがすぐに授かるかもしれない、5年かかるかもしれないし10年かかるかもしれない。

そうなると30歳で結婚して10年目に妊娠したら、初産年齢40歳です。

その時に思うでしょう、早く結婚しておけばよかったって。

いつか結婚するのなら、今から婚活しよう。

年齢を重ねて婚活を始めて惨めな思いをするくらいなら、結婚する意志があるのなら、今すぐ自分にピッタリな婚活のやり方を見つけて、いい人と出会って幸せになってくださいね。

ハートカップ

え?婚活のやり方がわからないって?

大丈夫、20代の女性が結婚相手を見つける方法は無数にあるから。

ぶっちゃけ、出会いなんてどこに転がっているかわからない。

だけど、待っているだけでは運命の出会いは期待できないもの。

「若いからいくらでも出会いのチャンスがあるよ」

なんていわれるけど、そんな言葉当てにならないし。

どうしたらいいんだろう。

 

早く結婚相手を見つけたい。

誰かと暖かい家庭を築きたいなあ。

それなら行動を起こすことがベスト。

婚活しましょう。

 

ここで、無数にある婚活方法の中でも王道といわれる、20代女性にぴったりな3つの婚活のやり方を紹介します。

各婚活方法のメリット・デメリットも正直に書きます。

婚活パーティーは毎日どこかで必ず行われている

party

婚活パーティー・お見合いパーティーを使った婚活。

20代女性の婚活の第1歩に、気軽に参加できる婚活パーティーを選ぶ人もいる。

なんせ、思い立ったらすぐに参加できるからね。

 

婚活パーティーのメリット

カクテル

参加費用がリーズナブル

なんといっても婚活パーティーの良いところは、女性の参加費用が安いところにある。

パーティーのタイプにもよるけど女性は無料だったり、500円から参加できるものもあるので、財布の中身を気にすることなく気軽に参加できるのがいいね。

初対面の相手でも楽しくお話しできる人に向いてます。

婚活マッチングアプリや結婚相談所などと違い、1度にたくさんのメンズと出会えて、そのなかから気に入った相手を選べる

カップル成立すれば、そのまま一緒にパーティー会場を後にすることができる。

そのあとは、お茶するなり食事をするなりしてゆっくりとお話ができるね。

これからやってくるクリスマスやお正月を、好きな相手と迎えられるように、今からパーティーに参加して候補者を見つけよう。

 

趣味、年収、年齢、価値観で条件設定されたパーティに行くべし

婚活パーティーは、「年齢、年収、趣味、ノンスモーカーオンリー、身長175㎝以上の男性オンリー」など条件設定されたものがほとんど。

その中から自分に合ったパーティーをチョイスできる。

たとえば、相手の身長は180㎝あった方がいいとかタバコを吸う人が嫌なら、そういった男性が集まるパーティーに行くといいね。

 

婚活パーティーのデメリット

僻地

忙しい人や僻地に住む人にはきびしいものがある

婚活パーティーは、通常平日は働く男女に合わせて夕方から始まるパーティーも多く開催される。

土日祝は昼間から開催するところもある。

平日は定時に仕事が終わらない、忙しいビジネスウーマンの参加は不可能でしょう。

婚活パーティーは比較的大きな駅近くで開催されていることが多く、とんでもなく僻地住まいの人は、そこに行き着くまでの時間と交通費が負担になる。

 

案外見た目と年齢重視なところがある

人間の第一印象は見た目から判断するという人も多いでしょう。

どんなに性格が良い女性でも、性格まで透視できない。

見た目で弾かれる部分もあるという意味では非常に残念です。

ただ、20代女性は婚活市場において若いというだけで、受け入れてもらえることがおおいにあります。

清潔感のある地味過ぎず派手過ぎない髪型服装、笑顔を忘れずにマイナスの印象を相手に与えないことを心掛けましょう。

 

当然婚活市場には当然美人やイケメンばかりがいるわけではない

美人やイケメンはまれにいることがあるというだけで、ほとんどが普通かそれ以下。

世の中は美人やイケメンばかりが結婚しているわけではないので、その点は安心してほしい。

もう一つ大事なことは、婚活などの出会いの場所には男女問わず既婚者が混じっていることがあるということ

とくに男性既婚者が独身のふりをして混じっていることがあるので、カップリングしたからって喜んではいられない。

ここは、カップリングしても冷静に相手を見極めよう。

 

カップリングせずに帰るのがムナシイ

自分の経験からいわせてもらうと、カップリングせずに会場を後にする時のむなしさったら、ないわー。

パーティーを開催する会社のやり方にもよるけど、自分が参加したパーティーは、最初にマッチングしたカップルを先に帰していた。

そのあとカップリングしなかった女性たちをエレベーターに乗せ、女性たちがビルを出たのを確認後、残った男性たちを帰らせていた。

 

ぞろぞろと、あぶれた集団が駅に向かって歩くその姿はなんともシュールな光景だ。

まあ、そのあとあぶれた女性同士飲みに行ったけどね。

 

婚活アプリも大人気 リーズナブルで敷居が低い

婚活アプリ

恋愛・婚活マッチングアプリって100以上あるって知ってた?

自分も最近知ってビックリ。

いつの間にこんなに増えたんだろう?

たくさんあり過ぎて何をどう使えばいいのか迷うところでしょう。

そんな時は、昔からある婚活マッチングアプリで運営歴の長い、成婚実績の高いところを使うのがベストでしょう。

運営歴の長い婚活アプリなら会員数もそこそこ多く、結婚に前向きな人々が集まっていると考えていいのかもしれません。

 

婚活マッチングアプリのメリット

ラブユー

婚活マッチングアプリの世界でも20代女性は花形である

20代ってだけでモテモテ、最初はこれでもかというぐらい申し込みがくる。

ただし、ロクにプロフィールも読まず、年齢だけ見て数打ちや当たる戦法で申し込む男性も多いので注意が必要です。

 

婚活マッチングアプリは信頼できる大手の婚活アプリですら、女性は無料で使えるところが多くあるのがメリット

無料であるがゆえに少し不便なこともあるけど。

たとえば相手の顔写真を見るなら有料会員にならないと見れないとか。

男性から申し込みされても、自分からアプローチするためには、有料会員になるとか。

完全無料でやり取りできる婚活アプリもあるので、自分に合った婚活アプリを見つけましょう。

 

婚活マッチングアプリは忙しくても、隙間時間を最大限利用して相手探しができる優れもの

それこそスマホさえあれば、通勤途中の電車の中や昼休み、会社の休憩時間や布団の中でも相手探しができるので、時間が取れない人にも向いている。

全国から相手を探せて、趣味が合う人、希望の年収、ハイスペックな相手、親と同居の有無など、自分の希望する条件で探せる。

 

婚活パーティーよりは、結婚の本気度が高い人が集まる婚活マッチングアプリ

身分証明書をアップロードしないと登録しただけではアプリを使えないので、結婚相手を真剣に探す人が(婚活パーティーに比べて)多いといえるでしょう。

 

有料でも完全定額なので安心できる

女性は無料から始めて興味をもった相手を見つけたら、有料会員になるのがおススメ。

支払っても毎月3,000円程度の定額制なので、1度居酒屋に行くのを我慢すれば捻出できる料金です。

 

婚活アプリのデメリット

時間がない女性

忙しい人は相手に会うための時間調整がむずかしい

とはいえ、忙しい忙しいというばかりでは誰とも会うことができないし、前に1歩も進めないので、そこはどうにか時間を作って興味を持った相手と会ってみましょう。

 

入会のハードルが低いので遊び目的の人がいることもある

婚活パーティーもそうだけど婚活アプリも気軽に利用できる分、結婚する気もないのに遊び半分で利用する彼女持ちや既婚者が利用していることもある。

ホント、図々しいぞ!

つき合ってイザ結婚となったときに、「実は僕既婚者なんだ、子どもも3人いてさあ・・・」と、あとだしジャンケンのように告白するずるい男もいる。

このような相手を好きになってしまったら、結婚するどころか婚期を遠ざけしてしまう恐れがあります。

 

キープにされる可能性もある

昨日まで毎日メール交換をしていて数回デートもしたのに、いきなりラインをブロックされた。

これはほかに本命を見つけた可能性大。

 

プロフィール写真をいくらでも偽れる

今の時代は容姿を100倍増し増しに加工できる恐ろしいアプリがある。

写真を加工すると一発でふんわり系美女に変身。

え?これホンマにあんたなん?

何度も何度も実物と写真を見返してしまう。

実際に会うことになることを想定して、加工しすぎるのはやめておこう。

実際に合った時に「アレ?全然違うじゃん」と思われるほうがミジメだもの。

 

メールでは積極的・好感度抜群なのに、会ってみるとイメージが悪すぎる男性もいる

会ってみるとメールでのイメージと180度違う男性もわりといる。

全然会話が弾まない、すごい根暗。

いつでもどこでも徹底的に割り勘を要求するケチ。

小指の爪だけ異常に長くて不潔。

その小指の爪はなんに使う?

話し方が気持ち悪い。

このように、会ってみると本当にあのメールの男性なの?と思わせるような、がっかり感満載な男性もいる。

というわけで、婚活はまずは会って実物を見ないと始まらないのだ。

 

婚活の王道といえば結婚相談所

花嫁

婚活の王道といえばやはり結婚相談所でしょう。

結婚相談所は敷居が高そうと思うけど結婚相談所にもいろんなタイプがあって、これもピンキリです。

若い人も利用しやすいように最近では、テレビで好感度の高いCMを流しているね。

結婚相談所は積極的に仲人さんがお世話をしてくれる仲人型と、入会後は基本放置で自分で勝手にやってね的なデーターマッチング型と2つに分かれている。

 

結婚相談所のメリット

ピンク

相手の身元がはっきりとわかる、相手の身元にウソ・偽りがない(少ない)

結婚相談所は婚活パーティーや婚活アプリに比べて、身分証明書などの提出物が厳しく義務付けられている。

  1. 本人確認書類 (パスポートや運転免許証など)
  2. 独身証明書
  3. 卒業証明書
  4. 在籍証明書
  5. 収入証明書
  6. 戸籍謄本
  7. 公的資格証明書 (医師や弁護士など)
  8. 写真 (3ヶ月以内のカラー写真)

ざっとこれだけある。

すごいなあ。

若い頃の写真を貼りつけてごまかすことができないね。

独身証明書の効力も大きい。

これで婚活で浮気相手探しする不届きな男性を掴まないで済むわけです。

 

仲人型はお見合い後3ヶ月で成婚するかどうか判断させられる

仲人型結婚相談所のよいところは、ダラダラとつき合いを続けないところ。

3ヶ月も付き合えば、結婚相手にふさわしい相手かどうか判断できるということでしょう。

遠距離交際でたまにしか会えない人たちは、ちょっときびしいかな。

仲人型は早く結婚したい人に向いています。

 

結婚相談所なら成婚料金が発生するところがよい

成婚料払うのいや。と思われる方ちょっと待ってください!

成婚料が発生する仲人型の相談所は、基本的に会員を放置しないのです。

仲人さんも成婚料発生のために、条件に合う結婚相手探しを頑張ってくれる。

成婚料は高くつくけど(相場は50,000円~)、自分の人生がかかってると思えば安いものかもしれません。

その点、データーマッチング型の仲人が介入しない結婚情報サービスは、成婚料が発生しない分なにもしてくれないから自分で頑張るしかない。

ただ、相手を紹介してくれるだけなのです。

アドバイザーが無料で少しくらいの相談に乗ってくれても、本格的に相談するとなると有料オプションになることもある。

自分で積極的に動いてがんばれる人は、放置型の結婚情報サービスでも十分かも。

 

お見合い後のお断りは仲人を介して伝えてもらえる

婚活を始めるといろんな男性と会ったり交際をすることになります。

上手くいけばいいけど、すべてが上手くいくとは限らない。

別れもそれなりに経験するでしょう。

そんな時、お断りの連絡を入れるのを心苦しく感じる人もいるでしょう。

仲人型では担当者を介してお断りしてくれるので、心配は無用です。

 

データーマッチング型は2週間放置すれば自然消滅できる。

そこで相手が終わったことに気づくというわけですね。

 

結局仲人型とデーターマッチング型のどっちを選ぶ?

手厚いサポートで婚活を進めたい女性は仲人型がいいでしょう。

仲人型は、条件に合った相手を紹介してくれて、仲人(相談員・アドバイザー)が間に入って動いてくれる。

 

自分で主体的に動ける女性はデータマッチング型が向いている。

データーマッチング型はデーターベース上から、自分の条件に合う男性に自由にアプローチできる。

 

結婚相談所のデメリット

財布

結婚相談所のデメリットは、やはりなんといってもその費用の高さにあるでしょう

ざっと調べたところ、結婚相談所によってまちまちだけど、7万円台~40万円ぐらいの入会金が必要になります。

相談所によってはそこに、月会費、オプション費用、お見合い料、成婚料などがかかってくるので、トータル的にかなり高額になると考えた方がいいでしょう。

早めに成婚できればいいけど、時間がかかるとこれまた費用が膨大になる。

そのため、婚活アプリと結婚相談所を掛け持ちで婚活している人もいるのです。

 

結婚相談所は入会までに少し時間がかかる

入会する前にまず面談をする。

書類を揃えてから、一応審査があるのですぐに入会するまでに時間がかかる。

間があくので、ちょっとテンション下がるかも。

 

結婚相談所では支社以外の場所で相手の写真が観れないところもある

相手の写真を観るために、わざわざ支社に足を運ぶ必要があるので面倒くさい。

(相手のプロフィールや写真を、支社以外で閲覧できる相談所もある)

 

清い交際をしなくてはいけない

え?清い交際がデメリットですか?

いえいえそんなことないです、女性にとっては安全地帯にいることになるのでね(汗)

大人の関係になることはご法度。

もちろん旅行も行っちゃだめですよ。

見つかったら退会処分になるし成婚料が発生してしまうこともありますからね。

 

会える人数に制限があることも

選択するプランによって、毎月男性に会える人数が決まっている。

昔は結婚相談所に行く人は、モテない人、結婚に焦っている人といわれていたけど今は違うね。

結婚相談所は、自分の条件に合う相手を探す手っ取り早い場所、同じ目的を持った異性と出会えるので、結婚する気があるのかないのか、まるでわからない相手と付き合うよりも効率がいいのです。

相談所に行くのは恥ずかしくない!

 

まとめ

昔昔「花の命は結構長い♪」なあーんて歌ってた生命保険会社のCMがあったけど、そんなことはないぞ。

花の命は短いんだよ。

今20代のそこのあなた、結婚したいと思ったらすぐに婚活のスタートを切らないと、30歳になってあっという間に40代に突入するのですよ。

 

20代なら婚活で勝機あり。

高く売れる時に婚活市場に飛び込む方が絶対に女性は有利。

 

たとえば、結婚したからといって直ぐに妊娠するとは限らないですよね。

赤ちゃんがすぐに授かるかもしれない、5年かかるかもしれないし10年かかるかもしれない。

そうなると30歳で結婚して10年目に妊娠したら、初産年齢40歳です。

 

その時に思うでしょう、早く結婚しておけばよかったって。

いつか結婚するのなら、今から婚活しよう。

年齢を重ねて婚活を始めて惨めな思いをするくらいなら、結婚する意志があるのなら、今すぐ自分にピッタリな婚活のやり方を見つけて、いい人と出会って幸せになってくださいね。

コメント