期間工の将来性について

期間工として働くときによく将来性がなくて不安があるという人もいます。
確かに雇用は不安定で常時募集もなく最長でも2年11ヶ月しか働くことが出来ません。
期間満了後に再雇用や延長をしてもらえれば続けて働くことも出来ますが、そのような保証はされていません。


このようなことから期間工には将来性がないといわれているようですが、この時代だと公務員以外に安定している職はないともいえます。


大手企業でも正社員のリストラや早期退職者を募集しています。

期間工が勢いに乗っています。

職業によって可能性を見つけることが将来性があるとするとスキルが身につかない期間工だと不安になるかもしれませんが、本来は将来性は職業ではなくて自分に向けて問うものです。


職業としては不安要素も多くて、結婚や何歳まで続けることが出来るか、地元に戻ったときの新しい働き口や再雇用や延長など気になることばかりです。

なぜ不安になるかというとそこに期待や希望があるためです。


何かに期待していると不安を感じます。期間工として働くときに不安になるときには、何に対して希望や期待をしているかを考えると気づくこともあります。


期間工は肉体的にも厳しく大変な仕事ですが慣れるとそれほど感じなくなります。


任期満了まで働けずに途中で辞める人は入社してから1ヶ月もたないことが殆どです。

T-SITEに対して関心度が高まっています。

身体的に辛いときは退職しても仕方がありませんが、精神的に辛いだけで辞めるのはもったいないです。



どの仕事でもはじめたばかりは内容を覚えるだけでも大変で、新しい職場環境にも慣れる必要があってストレスもかかります。

ただ、人は順応性もあるので一定期間我慢することで殆どの場合は仕事に慣れることが出来ます。